怒りでリスクが高まる病気に注意しよう!!

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ネガティブ感情を抱くと免疫力が低下して、病気にかかりやすくなることは一般的に知られていますが、個別の怒り、恐怖、不安など、それぞれのネガティブ感情についてもかかりやすい病気が個別にあるので、紹介しようと思う。

スポンサーリンク

怒りが生起したときの身体の変化

人が怒りを感じるとき、「腹が立つ」「頭に血がのぼる」「体が硬くなる」などの言葉で表現することがあります。これは怒りを感じたとき実際に身体の変化が起きているからです。

脳の扁桃体(感情を読み取る働きがある脳の部位)が怒りを検知すると、ノンアドレナリンやアドレナリンが分泌されます。これらのストレスホルモンの働きで人間は活動的な状態に身体が変化します。

具体anger的には血圧や心拍数、呼吸数が早くなります。そして、脂肪から放出されたエネルギーと酸素を送るために筋肉への血流を増大して、筋肉が素早く動くように準備します。

左の画像は怒りを感じたとき、体のどの部分の反応が強いかしており、強さに応じて順番に黄・赤・黒・青・水色に色分けされたものです。

この画像をみると下半身はほとんど反応がなく、上半身の反応が強く出ています。そして上半身の中でも頭、手、心臓あたりの反応が特に強くなっています。

このように体の部位の反応が強く出ているのは、怒りの感情が敵を攻撃するためのものだからです。

怒りで心臓病のリスクが増大する!

怒り感情が原因で起こる心臓のポンプ機能の低下に注意

スタンフォード大学医学部が心臓病と怒りの関係を調べた研究を行いました。これは実際に心臓病を初めて患った患者を対象に行ったもので、怒りが心臓機能に及ぼす影響を調べたものです。

これによると怒りを感じたとき患者の心臓のポンプ機能が低下し、心筋への血液循環量が危険なレベルになったそうです。これは怒り以外の不快感情や運動時には起きなかったようです。

怒りによる身体変化で、心拍数、呼吸数が増加すると書きましたが、理由はこの心臓のポンプ機能の低下によるものです。ポンプ機能の低下で血液の循環が上手くできず酸素が十分に行き渡らないため、それを補うバックアップとして、血液循環のため心拍数を増やしたり、酸素を多く取り込むため呼吸数を増やすようです。

また、酸素不足の状態となることで、意識や気力の低下、めまいや立ちくらみといった症状やポンプ機能のバックアップの代償として動悸、息切れなの症状が出てきます。

その他にも血行不良によりむくみや筋肉疲労や筋肉痛がひどくなったり、全身に倦怠感があるような状態になってしまうような症状が出るようです。

心臓疾患の危険因子

心臓疾患になるリスクを高めるものとして、動脈硬化を引き起こす5つの危険因子でもある、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満が挙げられます。

これら以外の原因として慢性的な怒りと敵意が心臓疾患の独立して危険因子だそうです。

デューク大学の敵意に関する研究で、敵意が強い学生と弱い学生が55歳になった時の死亡率を比較したところ、敵意の強い人は弱い人に比べて死亡率が7倍にもなったそうです。

また、日常的に怒りっぽい性格で怒りが慢性化している人は、身体の変化をする機会も多くなり、心臓や血管のダメージも大きくなっていきます。

このように心臓疾患の原因は動脈硬化の原因と慢性化した怒りと敵意にあります。特に心臓疾患を患った人は、身体のケアだけでなく怒りをコントロールするドレーニングをすることで、2回目の発作を起こす確率が44%低下したというデータもあります。

これらのことから怒りをコントロールすることが、身体と精神にとって実あることかが理解できると思います。

まとめ

怒り感情は怒りを爆発させて怒りを発散しようとしても、さらに怒りが増幅されて怒りっぽくなり心臓発作の原因になります。だからといって怒り抑えてしまうと、心に怒りを溜めてしまい、怒りが慢性化して心臓や血管にダメージが蓄積されていきます。

したがって、怒りを爆発しても抑えつけてもいけません。怒りを静めることが重要なのです。そのために感情を上手くコントロールする3つの基本知識のところで書いた認知的評価をすることが重要なのです。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ