「お金を増やすための基本知識」資産形成の3つの方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

人は生活をして生きていくにはお金が必要です。衣食住はもちろん、税金、交際費、教育費、親の介護費用、保険料、通信料、老後の資金など、必要とするお金はかなりの額になります。

これだけ大事なお金なのに、学校や一般家庭ではお金をどう扱えばいいか教えられません。富裕層だけがお金に関する教育を徹底しています。

また、貧乏人ほど大金を欲しがる割には、お金に関する知識を得ようとしないのはなぜでしょうか?

そんな疑問が昔からあるので、今回はお金を増やすための基本的な3つの方法を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

お金を増やす方程式

銀行が行った調査で、年収2000万以上の約500名を対象に行った調査で分かったことが、一般的には若い時から積極的に資産運用を行う人は少ないですが、日本で富裕層になる人は、若い頃から資産形成に取り組んでる人が多いようです。

個人も会社も同じで、お金持になるには資産形成をすることが重要です。その資産形成でお金持ちになるには3つ方法しかありません。

  • 収入を増やす。
  • 支出を減らす。
  • 資産を運用する。

では、それぞれについて見ていきましょう。

資産形成では、何より「収入を増やす」

資産形成で何よりも大事なことが、大きな資産を作ることです。これはがむしゃらに働けば誰にでも作ることができます。

ベンチャー企業の創業者の中には、安いボロアパートに住み、贅宅はいっさいせずに、5年間必死で働く続けることで、まとまった資金をつくる人もいるようです。

最近では本業をやりつつ副業もしてお金を稼ぐ人もいます。普通にアルバイトをする人もいれば、ネットを使った副業やクラウドソーシングで仕事を請け負ったり、自分の趣味で作った物を個人販売することもあります。

また、がむしゃらに働くだけでなく、自分の価値を高めることも大事です。

勤めている会社で資格を取ると給料が増加するなどがあれば、仕事に関係する資格は積極的に取るようにしましょう。

さらに自分の価値を高めるためには、専門家になることです。

  • ことわざ「一芸は百芸に通ず」
  • 長宗我部元親「一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みならず」
  • 格闘家・李書文「千招を知るをおそれず、 一招に熟するをおそれよ」
  • 与謝野晶子「人間は何事にせよ、自己に適した一能一芸に深く達してさえおればよろしい。」

このような格言があるように、自分が所属するグループで唯一無二の専門的な知識を持つ人は、誰からも頼られ必要とされます。

また、自分の価値を下げないことも考えましょう。

例えば、よく言われることが日本のトップ大学を出ているのに、他大学と同じ会社の面接を受けて、同じスタートラインに立つということは、自分の価値を明らかに下げています。

確実にお金を増やすには「支出を減らす」

折角、収入を増やして、稼いだそばからすぐにお金を浪費していては、資産を増やすことは絶対にできません。

資産を増やすためには、収入を増やすだけでなく、支出を減らすことも重要で、最も確実な方法です。

支出には変動費と固定費があります。毎月一定の支出である固定費を削ることからはじめるようにするといいでしょう。

固定費には、家賃、保険、光熱費、携帯電話などの通信費、車の維持費、通勤通学の交通費などがあります。

オススメの方法は、自分の仕事場に近く家賃が格安なところに住むことです。そうすると交通費と家賃を同時に減らせて、通勤時間も減らせるので、副業などをする時間もできます。

また、最も効果があることは、税金を払わないことです。

会社員の人は分かると思いますが、所得税や社会保障費が毎月の給料の約4分の1程度、自動的に引かれます。

だから、サラリーマンはいつまで経ってもお金持ちには慣れないと言われています。

自営業やビジネスを始めて、税金を払わないようにすることも検討に入れてみましょう。

金持ちになるなら「資産運用」にチャレンジしよう!

資産運用と聞くと株式投資のことを考えて、ハイリスクて危険というイメージがあり、手を出さない人も多いようです。

しかし、資産運用にはいろんなの種類があり、それぞれリスクもリターンも違います。多くの人が知らずにやっている「預金」もローリスクローリターンの資産運用の一つです。

資産を正しい知識を持って運用すれば、絶対とはいえませんが、大きな利益を得ることができるようになります。

資産運用の種類をまず知って、自分が許容できるリスクとコントロールしやすさを見極めて、自分にあった運用方法をまず試してみましょう。

まとめ

今回の記事は社会人にとっては、ほぼ常識的なことばかりでした。

ただ、学生は知らないことも多いはずです。

学生は早くお金の勉強をすれば、長い時間をかけて、資産を増やすことができるので、今からしっかり勉強することを勧めます。

お金に関する知識は一生使える知識なので、しっかり勉強していきましょう。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ