牛乳だけ飲んでも身長は伸びない!骨の形成に欠かせない栄養素

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

カルシウムを摂取すると身長が伸びると信じて、子供の頃に、身長を伸ばすために毎日頑張って牛乳を飲んでる子っていませんでしたか?

残念ですがカルシウムのために毎日牛乳を大量に飲んでも、それ以外の必要な栄養素が不足しているので、身長はあまり伸びません。

骨を形成するのは「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」の4つの栄養素が必要で、それぞれの効果は以下の通りです。

スポンサーリンク

骨の土台を作る「タンパク質」

タンパク質は、筋肉、臓器、毛髪、皮膚、骨、歯など、身体全体の組織を作っている栄養素であり、タンパク質は身長を伸ばすために最も重要な必要な栄養素です。

また、タンパク質は約20種類のアミノ酸からできており、その中には「アルギニン」も含まれるので、タンパク質は成長ホルモンの分泌も促進してくれます。

特に成長期の子供は身体が発達していくため、成人よりもタンパク質が必要です。

また、運動部に所属している子供は、毎日激しい運動をしていると、筋肉の再生などにタンパク質を使われるので、成長するためのタンパク質が不足してしまうので、より多くのタンパク質を摂取しましょう。

ただ、食事を増やしてタンパク質を多く摂取しようとすると、食事を楽しめなかったり、余分に脂肪や糖質を摂取して肥満になります。

そんな時は、高タンパク質で脂質や炭水化物がカットされている「プロテイン」を活用するのも手でしょう。

骨を丈夫にする「カルシウム」

カルシウムは、タンパク質で作られた 骨の土台の周りを固めて、骨を丈夫にする働きがあります。

また、「カルシウム」+「ビタミンD、ビタミンK、リン」を摂取することで、カルシウムの効果を引き出してくれます。

「ビタミンD」でカルシウムの吸収アップ

ビタミンDには小腸でカルシウムの吸収を促進してくれる働きがあります。

ビタミンDを多く含む食品は、魚類やキノコ類、卵で、カルシウムと共に摂取しましょう。

また、太陽光に当たると体内でビタミンDを合成できるので、身長を伸ばすための運動も兼ねて、昼間に散歩やジョギングなどしてみましょう。

「ビタミンK」でカルシウムを骨に吸着させる

骨にカルシウムを吸着させる働きがあるタンパク質のことを「オステカカルシン」といい、ビタミンKには、オステカカルシンの働きを活性化させる働きがあります。

また、骨にはカルシウムの貯蔵庫の役割があり、血中のカルシウム濃度が下がると、骨からカルシウムを補填するのですが、ビタミンKによってカルシウムが骨から離れないように防いでくれます。

食品添加物に多い「リン」の摂りすぎに注意!

タンパク質によってできた骨の土台に、カルシウムやリンがくっつくことで、硬くて丈夫な骨ができます。

しかし、リンを摂りすぎてしまうと血中に余分なリンが増えて、血中の成分のバランスが崩れます。

この影響で、身体が血中の成分のバランスをとるために、骨からカルシウムを取り出して血中の成分を補い、結果的に骨をもろくしてしまいます。

(※ビタミンKを摂るとカルシウムが血中に流れることを防いでくれます。)

現代では、スナック菓子、ソーセージ、ハム、缶詰、インスタント麺、ソース、清涼飲料水、アイス、ハンバーガーなど、食品添加物にリンが使われており、過剰摂取になりがちだと言われています。

そのため、健康で丈夫な骨を作るには、食品添加物を含む食品をあまり食べ過ぎないように注意が必要です。

骨に弾力を与える「マグネシウム」

マグネシウムは、体内にある約60%が骨や歯の中にあり、骨を作るのに欠かせない栄養素です。

カルシウムもまた骨を作るのに必要な栄養素ですが、マグネシウムは骨や歯にカルシウムをどのくらい浸透させるか調節する働きがあります。

このマグネシウムの働きで、丈夫でしなやかな骨の形成されます。

マグネシウムが不足すると、カルシウムのバランスが取れないので、骨の健康維持ができなくなります。そのため、カルシウムとマグネシウムは一緒に摂取しましょう。

摂取量の目安はカルシウムの半分の量のマグネシウムを摂取すると良いようです。

身長をスムーズに伸ばす「亜鉛」

亜鉛が体内に吸収された後、タンパク質と結合して骨や筋肉、皮膚、前立腺、腎臓、肝臓、心臓、大動脈、甲状腺など多くの細胞に含まれています。

さらに、亜鉛は細胞分裂、成長ホルモンの機能維持したり、骨の成長、人体に有用な酵素の材料、唾液の材料などに必要で、身体に絶対欠かせない栄養素です。

亜鉛を十分に摂取することで、細胞分裂がスムーズに行われ、成長も促進されて身長を伸ばす働きがあります。

もしも亜鉛が不足して「亜鉛欠乏症」になると、発育不全、骨格奇形、関節炎、味覚異常、皮膚病、脱毛など身体の成長や健康維持に支障をきたすので注意!

亜鉛は体内で作られないので、食事で栄養補給する必要がありますが、毎日必要量を摂取するのは難しいと思います。(※成人男性だと、亜鉛の含有量が多い牡蠣を毎日約80g、次に多い牛肉を200g食べないといけない。)

ただ、ココアや抹茶は亜鉛の含有量が多いので、毎日ココアや抹茶を飲んで補給するか、亜鉛のサプリメントで補給する方法があります。

亜鉛はカルシウムとマグネシウムの吸収を促進する

ラットを使った実験で、ラットから卵巣を取りだし、亜鉛が含まれないエサを3ヶ月間与え続けることで、「骨粗しょう症」のラットを作ることが出来ます。

この骨粗しょう症ラットに亜鉛を含むエサを3ヶ月間与え続けて、骨の密度や頑丈さを測定すると、亜鉛不足のラットに比べて骨密度が約1.8倍となり、尿中のカルシウムの排出量が減っていることが分かりました。

この結果から、亜鉛はカルシウムの吸収を促進して、骨を丈夫にする働きがあることが分かりました。

また、亜鉛はマグネシウムの吸収も促進してくれます。

成長ホルモン分泌促進する栄養を摂ると効果的!

身長を伸ばすための栄養を十分に摂取するだけでも身長が伸びると思いますが、もっと効果を高めるには、成長ホルモンの分泌を促進する栄養も一緒に摂取することです。

成長ホルモンの分泌を促進すれば、骨の形成も促進されます。

女子にモテる!憧れのモデル体型!成長期に身長を伸ばす効果的な方法

成長ホルモンを増やす栄養とサプリメント紹介!

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ