パーソナリティ5因子モデル「ビックファイブ」について知るなら絶対この本!!

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

パーソナリティの5因子モデル「ビックファイブ」についての解説書です。このビックファイブは、これまで大量に存在したパーソナリティの概念を統合し、進化論的見方でこの概念を考えています。そして、脳神経科学、遺伝学やゲノム学のエビデンスに基づいているものになっているので、これまでのパーソナリティ概念の中で、最も統合的で、最も信頼でき、最も役に立つものになっています。

ビックファイブはその名の通り5つの性格因子に分かれています。この一つ一つの性格因子を知ることで、その人の性格が分かりどのような行動、思考の傾向があるのか知ることができます。

本書は個々の性格因子ごとに章を設けており、その特性が強く出ている人物のストーリーから始まり、進化論的考えでどうしてこの人物がこのような行動をするのかと解説しています。また、その性格因子を作り出す、脳の働きやどのような遺伝子が関わっているのかというメカニズムについても解説されています。

本末には簡易的なパーソナリティ診断表がついており、自分のパーソナリティの性格因子を知ることができるようになっています。自分について知ることは人生において有益なので、是非やってみることをおすすめします。

この本は筆者が言うように、心理学者やそれを目指す人だけでなく、専門書にありがちな難しい言い回しがないので、一般の人にも読みやすく、理解しやすいようになっています。

パーソナリティ5因子モデル「ビックファイブ」について詳しく知りたい方は是非この本を購入することを強くおすすめします。

おすすめ度:★★★★★ 5点満点


パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

作者:ダニエル・ネトル  翻訳:竹内和世

出版社:白揚社  出版日 :2009、9、30

amazon 楽天ブックス セブンネット


スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
スポンサーリンク