研究で男脳・女脳説否定!?脳構造に男女差は存在しないことが判明!!

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビや雑誌、ネットでも、男女では脳の作りに違いがあり「男脳・女脳」に分かれ、考え方や行動に違いが生まれると紹介されて信じている人も多いと思いますが、その情報は時代遅れのようです。

本サイトでも、男脳はモノタスクで空間把握能力や論理性に優れている。女脳は複数のことを同時に行えるマルチタスクで、言語能力や感情を読み取る能力に優れていると紹介しています。

しかし、2つの大規模の研究によって、男女の脳に違いがある「男脳・女脳」説が否定されました。

スポンサーリンク

ほとんどの人が男脳・女脳のミックス

イスラエルのテルアビブ大学博士ダフナ・ジョエル氏らは、13〜85歳までの1,400人から集めた脳スキャンを用いて、男脳・女脳の違いとされる脳領域の大きさや右脳左脳の接続の違いについて調査しました。

結果では、男女間のサイズ異なる脳領域は29箇所特定されました。

しかし、個人ごとに脳スキャンを精査すると、男脳・女脳の特徴をすべてに当てはまる人はほとんどおらず、完全な男脳・女脳の割合は定義にもよりますが、0〜8%しか存在していないことがわかりました。

つまり、今まで性別に違いで男脳・女脳に分かれると思われていたが、実際はほとんどの人が男脳・女脳の特徴を併せ持っているようです。

海馬や脳梁の大きさに違いはない!

海馬は記憶力や感情に関係する脳部位で、女性が感情的で、言語記憶力に優れていることから、海馬の大きさが関係していると今まで考えられていました。

しかし、イギリスのロザリンド・フランクリン医科大学の研究チームが6000件以上のsMRI(構造的核磁気共鳴画像法)検査結果をメタ分析したところ、脳の海馬の大きさに男女差はないことが判明しました。

さらに今回の研究で、左脳と右脳をつなぐ脳梁の大きさに男女差があるという説や、女性は右脳と左脳の両方を使って会話をし、男性は主に左脳を使って会話するという、言語処理に男女差がある説も否定されました。

では、なぜ今まで海馬や脳梁の大きさに男女差があると考えられていたかというと、実は男脳・女脳の情報は、サンプル数の少ない解剖データをもとにしていたようで、推測の域をでないものだったとか。

男女の違いは何で決まる?

今回のイスラエルとイギリスの大規模の研究で、男女の性別によって脳に違いが生まれるという、男脳・女脳説は否定されました。

しかし、男女で考え方や行動に違いがあることは事実だし、男性なのに女性っぽい人、女性なのに男性っぽい人もいます。

例えば、男性のアナウンサーや芸人さんは、女性よりも言語能力に優れている人もいますし、女性でも数学が得意で、地図も読める人はいます。

では、男女差は何で決まるのかというと、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが影響しているのでしょう。

実際に女性ホルモンの分泌が抑制され男性ホルモンの分泌が多くなった女性は、考え方や行動が男性と同じようになり、数学的能力なども向上しやすいことが分かっています。

また、オキシトシンというホルモンが増えると、共感力や社交性が高まるなどの効果があることから、人間の性差や性格は、神経伝達物質やホルモンの影響が強いことがわかります。

【関連】「男脳」と「女脳」は脳構造が違う!男女で考え方や価値観が違う原因

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ