「寒くて朝起きれない」冬の辛い朝に早起きする3つのコツ

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

季節は冬になってすごく寒い時期になりました。仕事や学校で早起きしないといけないけれど、「寒くて朝早く起きれない」「ふとんから出られない」という人も多い筈。

また、「二度寝して休日を無駄にした」ということも…

朝は気温が1日の中で一番低く、冬の寒い朝ともなると0度を下回る日も多いです。

そんな冬の寒い朝をシャキッと起きれるための早起きの3つのコツを紹介します。

スポンサーリンク

暖房をガンガンかける

冬の朝は寒く起きれないのは、部屋が冷たいからだと考えて、起きる前にエアコンの予約機能を使って暖房をかけておくという人も多いでしょう。

人間は身体の深部体温が下がると眠くなります。そのため、部屋が冷たいままだと、ふとんから出た時に、温度の落差が激しく深部体温が下がってしまい、二度寝を促進してしまいます。

なので、起きなければいけない時間の1時間前ぐらいから暖房をつけることは、部屋の寒さと眠気防止のために効果的です。

さらに、暖房を快適な室温に設定している人も多いかもしれませんが、不快を感じるくらいの室温に設定することで効果をもっと上げることができます。

つまり、夏の暑さ朝は汗をかいて不快を感じるように、室温も不快と感じるぐらいに設定することで、ふとんを蹴っ飛ばしたい状態にします。

そうすると、二度寝もしないし、無意識にふとんから出ようとして、すぐに起きることができます。

セロトニンを増やす

睡眠と関係が深いホルモンといえば「メラトニン」です。この睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が増えると、脈拍、体温、血圧を下げて睡眠の準備をしてくれることで、眠気が出てきます。

そして、メラトニンは幸せホルモン「セロトニン」を材料にして体内で合成されるため、セロトニンを増やすと、メラトニンの分泌も増加し、寝不足にならずに済みます。

また、セロトニンには自律神経に働きかけて脳を覚醒させ、意欲がでて活発に活動したくなるため、眠気を吹っ飛ばしてくれます。

セロトニンを増やす方法を様々ですが、朝にセロトニンの分泌を促進するには、日光を浴びることが簡単な方法です。

朝日と共に起きて、日光を浴びながら朝の空気を吸うのも気持ちいいので、目覚めたら日光を浴びるようにしましょう。

【関連】セロトニンを増加する習慣を身につけよう!

【関連】性格に影響する幸せホルモン「セロトニン」とは?

カフェインを摂取する

目覚ましが鳴ってから、いったん目覚めても、朝は寒いし眠気もあって、ふとんからなかなか出られないと思います。

そして、問題は眠気が強いままふとんに入っていると、二度寝してしまう可能性があるということです。

そんな時に「カフェイン」を摂取する方法があります。

カフェインを摂取してから20分程度で、脳が覚醒してくれる作用があるため、カフェインを摂取するとねむけざましとなり、二度寝を防止することができます。

なので、カフェインが入っているコーヒーや栄養ドリンク、エナジードリンクなど、ペットボトルを枕元に用意しておいて、いったん起きた時に飲むと良いでしょう。

冬の寒い時期も早起きして頑張ろう!

冬の寒い朝に仕事や学校で早起きしないといけないのはとても辛いです。

眠気を吹っ飛ばしてシャキッと早起きして、スッキリした気持ちで1日を送れるように、今回紹介した方法を試してみてください。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ