やる気スイッチオン!ドーパミンを増やしてやる気を出す方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

毎日ついつい怠けてしまい、やらなければいけないことが溜まっていませんか? 

そんな人は「やる気」に関係しているドーパミンが不足している人です。では、ドーパミンを増やすになどうしたらいいでしょうか?

ドーパミンを増やすし方を実践してモチベーションをアップさせ、怠け癖を改善していきましょう!

スポンサーリンク

運動でドーパミンを増やす

運動はもっともドーパミンを増やすことができる方法で、その効果は運動を始めてすぐにドーパミンが増えるほどです。

そして、内向的な性格で「好きなことがない」「好きなことが分からない」という人や、ドーパミン遺伝子の変異の影響で報酬不全症候群の可能性がある人にも効果的です。

なぜなら、運動を定期的に続けると、脳の中枢神経にあるニューロンに、新しいドーパミン受容体が生み出され、新しい神経回路が作られたり、老化していた神経回路も復活するため、ドーパミンの配線が変わり、ベースラインを上げる効果があるからです。

さらに、ニューロン内部で作られる脳の栄養である脳由来神経栄養因子(BDNF)の濃度が高レベルとなり、脳細胞の働きと成長を助けます。

運動は有酸素運動がよく、継続する必要が有るので「ウォーキング(低レベル)< ジョギング(中レベル)< ランニング(高レベル)」と、自分が楽に続けられる運動を選択するといいでしょう。

新しいチャレンジでドーパミンが増える

毎日見慣れた平凡な風景よりも、まったく新しいものにチャレンジした方が、ドーパミンが増えます。

人間は「新しいもの」「いつもと違うこと」「変わったもの」が大好きです。なので、新しい携帯、新曲、新作の映画やゲームに注目したり、イベントやレジャー、旅行などに行きたいと思います。

このように人間が新しい刺激を受けるたびに注目するのは、その「新しい刺激が報酬を期待するもの」だからです。そして、新しい刺激になれてしまうのは、それが報酬と結びつくものではないと学習するからです。

ドーパミンをどんどん出すために、新しいものごとに注意を向けて、チャレンジして行きましょう。

目標達成でやる気が出る

脳は訓練次第で、ドーパミンを放出してやる気が出るようにできるようです。その訓練方法は「小さな目標を立てて達成していくこと」です。また、大事なことが「報酬がある」ことです。

人によっては経験をして達成感や貢献感を得て、「やりがい」という報酬を得る人もいます。それがやる気になるならいいですが、ほとんどの人がそうではないでしょう。

そういう人は自分へのご褒美を用意するといいかもしれません。また、続ける工夫をするといいでしょう。

例えば、ダイエットをしようと決意したとき、ダイエットを止めないためにジムに通うようにします。通うことが面倒くさくならないように、なるべく家から近いジムにします。

そして、美人のトレーナーに指導してもらいます。これだけでも通う理由(報酬)になるでしょう。また、 最終的に10kg痩せる目標なら2kg減量ごとに自分へのご褒美を与えていくことで、それがやる気にも繋がります。

こんな風に脳をほめて伸ばすことで、次の目標へのやる気が出てくるようになるので、試してみてください。

好きなことを楽しむとドーパミンが増える

趣味など好きなことをやっていると、興味や関心が湧いてきて、行動を抑えることが難しくなります。しかも何時間も集中して没頭していることができて、心身ともに疲れることがありません。

また、学校の簡単な勉強は自ら学ぼうとしないのに、好きならば難しい勉強でも自ら進んで学ぼうとします。このことは「人間の本来の勉強法は好きなことから学ぶこと」だとわかります。

現代では好きなことを見つけてずっと続けることで、たくさんの知識を得るきっかけになり、収入につなげることもできます。

他人の目を気にすることなく、自分だけの好きなことを見つけるようにしましょう!

ドーパミンを増やす食品を食べる

ドーパミンを増やすために、有酸素運動をしたり、新しいチャレンジを試みても、そもそもドーパミンが作られなければ、頑張りが無駄になってしまいます。

そのため、ドーパミンの原料となる栄養素をちゃんと摂取することが大事です。

ドーパミンの原料となるものは「チロシン」というアミノ酸です。また、チロシンは体内で必須アミノ酸「フェニルアラニン」によって合成されるので、フェニルアラニンを含む食品を摂取してもいいでしょう。

チロシンとフェニルアラニンは、肉類や魚介類、卵や乳製品、豆類などのたんぱく質の中に含まれているので、食べ過ぎない程度にたんぱく質を摂取しましょう。

【関連】意欲がわくドーパミンを増加させる栄養素と食品

まとめ

わたしも怠け癖があり、このブログも毎日更新したりしていません。モチベーションを保つのも大変です。そんなわたしがやる気を出してブログの更新をし続けられるのは、好きなことの延長線上にあるからです。

なので、どんなことにもやる気を持てない人、怠け癖が抜けない人は、好きなことに結びつけると良いかもしれません。

そして、好きなことに小目標を作ったり、新しい知識や変わった行動をすることで、さらにやる気が出ると思います。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ