バイリンガルの英才教育に待った!!幼児期の早期英語教育のデメリットも知ろう

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

日本人は英語が苦手と感じる人が多く、英語コンプレックスを抱えているので、子供にはネイティブに英語が話せるようになってほしいと思う親御さんも多いです。

そのため、幼児期に英語教材を使って教育したり、習い事をさせたりと早期英語教育を行う親御さんもいますが、早過ぎる英語教育にはメリット・デメリットが存在しているとか。

「周りの子供が英語を習っているから、うちの子も早く英語の英才教育をしないといけない」と思う親御さんもいますが、自分の子供のことなので判断は他人に任せずに慎重にするべきです。

子供の個性にしっかり目を向けて、早期英語教育のメリット・デメリットを把握してから自分なりの正しい判断をしていきましょう。

そこで今回は子供にバイリンガルの英才教育をする前に、幼児期の早期英語教育のデメリットについて学びましょう。

スポンサーリンク

英語も日本語も中途半端になる

よく0歳からの超早期英語教育を「やるべきかvsやるべきでないか」という論争になった時に出てくる論点は、母国語である第一言語の発達に支障をきたすという問題です。

超早期英語教育で日本語の発達に支障をきたした場合の事例にを列挙してみます。

  • 質問に対して英語では受け答えできるが、日本語はオウム返しで返答できない。
  • 日本語と英語を混ぜて話してしまう。
  • 語彙やボキャブラリ不足で周りの子とコミュニケーションが取れずに引きこもる。
  • 日本人としてのアイデンティティーが育たない。(本人が所属感が薄れて不幸と感じる)
  • 母国語が定まらず思考力が育たないので英語も共倒れ。
  • 子供の好奇心が育たず勉強ができなくなる。

いろいろな事例が報告されていますが、海外での生活や家族構成など家庭の教育環境や教育の質の違いによって問題は様々あるようです。

また、日本語と英語が混ざっていたけれど、子供が成長すると自然に直ったなど、子供の成長とともに問題がなくなるケースもあるようです。

ただ、コミュニケーションが取れなかったり、思考力や好奇心が育たないことは見過ごせない問題で、幼少期は急速に脳が発達する時期であって、子供の人生に与える影響は大きのではないかと思います。

子供の才能の芽を摘む

子供が0歳から行う超早期英語教育をする時期は、脳が急速に発達する時期でもあるので、英語以外のスポーツや音楽などの才能を伸ばす時期でもあります。

しかし、毎日のように英語教育の教材ばかりやっていると、英語以外の発達が手抜きになってしまう可能性があり、子供の才能の芽を摘んでしまうという意見もあります。

子供にはいろんな可能性がありますが、生かすも殺すも親次第です。

親が持つ英語コンプレックスで英語教育を子供に押し付けて偏った教育をし過ぎないように自制しないといけません。

家族の関係性が悪化する

超早期英語教育を行う家庭の子供は英語と日本語の2ヶ国語を同時に学んでいるため、日本語だけを学んでいる子供と比べて、英語と日本語を混同したり、語彙やボキャブラリが少ないという問題があります。

どちらの問題も時間をかければ改善される事例もあることから、一時的な問題の可能性もありますが、この子供の言語発達が遅いことで家族関係が悪化してしまうこともあるようです。

例えば、超早期英語教育を熱心に行った所為で、他の子よりも日本語能力が標準よりもかなり劣っていることにイライラして、「この子はバカだな」と子供に向かって言ってしまう親もいたり、両親が教育方針で喧嘩になるケースもあります。

もしも、親が子供に向かって心無い言葉を言い続けた場合、「ピグマリオン効果」によって素直な子供は親の言葉をそのまま受け止めてしまいます。(※ピグマリオン効果:人は期待された通りの成果を出す傾向があること)

例えば、親が子供に向かって「お前はバカだ」と言えば、子供は「自分はバカだから勉強しても意味がない」と屈折して考える可能性があります。

また、両親が喧嘩ばかりする場合、子供にとってはかなりの不安とストレスとなります。

そして、両親の喧嘩が原因で子供の脳の発達や体の成長に悪影響が出る場合もあり、ますます言語発達の妨げとなるので、喧嘩は子供の前ではしてはいけません。

英語教育しても日本では使わない

グローバル化で英語力の重要性がますます高まっていると世間では言われていますが、日本はそもそも内需が大きいため、グローバルに取引を行う企業の方が少ないため、わざわざ英語を学んでも使う機会がありません。

リクナビnextが東証一部上場企業に勤める、日本在住の25~39歳の正社員1000人に対して行った調査では、グローバル展開を積極化する企業群ですら61.4%の人が「英語を使う機会がない」と回答。

大企業ですら英語を全く使わない割合の方が多いのに、英語力を鍛える意味はあるのでしょうか?

出典:next.rikunabi.com

また、技術革新で人工知能によって異なる言語間での「同時通訳」が実現間近なこともあり、英語教育の重要性も揺らいでいます。

なので、早期英語教育をしても英語を使わない可能性の方が高く費用対効果が低く、必要性を感じた時に学べば良いのではないかと思います。

英会話や英語力は必要性がないと身につかない

そもそもどんな技術やスキルを教育しても、その人が必要と感じていたり、学ばなければ生きていけない環境でない限り身につきません。

英語も例外でなく、どんなに良い教材を買ったり、どんなに良い英会話教室に幼い子供を通わせても、その時は英語が少しできても将来的に英語力が持続されません。

「高い英語教材を買って、英会話教室に通わせて効果がなかった」「中高校生になったが英語は全く覚えていない」という話は、ネット上にいくらでも事例としてあります。

なので、もし子供をバイリンガルにしたい場合は、英語教育をずっと継続させる必要があるため、友達や家族とのコミュニケーションや英語でないといけない環境にする必要があります。

超早期英語教育は個々の判断

早期英語教育をやるにしてもやらないにしても、0歳からの超早期英語教育にどれだけに意味があるのか詳しく調べた研究がないようなので正解がないのが現状のようです。

ただ、私が調べた範囲での考えでは、超早期英語教育はメリットよりも(悪影響があるとした場合)デメリットの方が多いと思います。

そして、将来的に同時通訳ができるようになれば英語を学ぶ必要性もなくなるので、限られたお金と時間を別の英才教育に当てた方がいいのではないかと考えています。

いろんな意見があると思いますが、どちらにしても現状で答えがないので、超早期英語教育のメリット・デメリットを踏まえ視野を広く持って判断しないといけません。

【関連】効果的に才能を伸ばす!!脳の成長にあった子供の習い事と教育の最適なタイミング

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ