眼精疲労や視力低下の原因 まとめ

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

現代人は仕事ではパソコンでデスクワークをして、私生活ではスマートフォンを使ってコミュニケーション、ゲーム、情報収集をするようなライフスタイルになっています。

このような生活で、目を酷使し続けてしまい眼精疲労や視力低下を起こしている人が多いと思います。

私もパソコンやスマートフォンの画面を長時間見過ぎることで、眼精疲労を起こすことが多く、視力低下も深刻な悩みです。

そこで眼精疲労と視力低下の原因について調べてみました。

スポンサーリンク

眼精疲労と視力低下の原因は大きく分けて4つある。

ここでは眼精疲労と視力低下を起こす原因のメカニズムを紹介しています。専門用語も使っているので分かりにくい部分が多々あるかもしれません。

原因1 目の筋肉疲労

ピントの調節は水晶体の厚さが変わることで調節されています。そして目を覆ている毛様体筋という筋肉が上下から圧迫して、水晶体の周りにあるチン氏帯が緩むことで、水晶体が厚くなります。

近くを見るときは水晶体が厚い状態で、毛様体筋も目の圧迫をし続けていることで、筋肉疲労を起こすのです。また、近くのものを長時間見続けることで、角膜がゆがんでしまい近視が進みます。

筋肉の緊張を解くためにたまに休憩して遠くを見るようにすると目が疲れにくくなります。

原因2 目や目の周辺の血流不足

目の周辺には毛細血管が複雑に絡み合っていて、血流が滞りやすくなっています。さらに、もともと血流が悪くなりやすい上に、近くを見続けて筋肉が緊張した状態が続くことで、さらに血流を悪くしてしまいます。

血流不足によって水晶体に栄養や酸素を送ったり、付いた汚れを除去する働きがある房水(眼球を充たす体液のこと)の循環も悪くなります。そして、水晶体が硬くなったり、濁りやすくなり、視力低下を招きます。悪化すると白内障になることもあります。

改善するには目の周辺のツボを押したり、マッサージをすると良いです。また、姿勢が悪いと血流も悪くなるので気をつけましょう。

原因3 目の病気にかかっている・身体の病気

目の病気にかかっている

近視・乱視・老眼・ドライアイなど目の病気を持っていることで眼精疲労や視力低下をさらに悪化させます。

近視・乱視・老眼で目が見えづらくなると、ピントを合わせようと毛様体筋が緊張します。また、目を凝らしたり、よく見ようと前に出すことがあり、目の疲れ、首や肩の血行不良を引き起こします。

メガネやコンタクトレンズが合っていなくても同じようになるので、定期的に眼下で視力を測り、メガネやコンタクトレンズを調整するようにしましょう。

目を酷使したりコンタクトを使用することで増えているドライアイは、単に目が乾燥するということだけでなく、眼球に酸素や栄養がいかなくなり、細菌やゴミによる感染を防ぐことができなくなります。病気の原因になるので注意が必要です。

その他の目の病気でも眼精疲労や視力低下、失明まで引き起こすものもあるので、目に異常を感じたらすぐに眼下を受診するようにしましょう.

身体の病気

かぜやインフルエンザ、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気、高血圧、低血圧、糖尿病、バセドウ病、貧血、更年期障害、自律神経失調症、月経異常などさまざまな病気が眼精疲労を引き起こします。

原因4 ストレス

ストレスの影響で身体に悪い症状が出てくるようになります。ここでは特に頻繁に出てくる症状を紹介しようと思います。

自律神経のバランスを崩す

自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は興奮や緊張している時に働き、副交感神経はリラックスしている時に働きます。

目の動きでは、遠くを見るときに交感神経が、近くを見るときは副交感神経が働きます。

パソコンで仕事を長時間していると、身体は交感神経、目は副交感神経を使うことになります。この矛盾が自律神経が狂う原因となっています。

自律神経が狂ってしまうと、仕事をしているけど画面を見ると眠気やだるくなり、やる気が出ないということになります。また、ドライアイ、吐気、偏頭痛、肩こりなどの症状もでてきます。

また、現代人は人に多いストレスも自律神経にダメージを与えるので、ストレスを抱えていると感じているなら、生活の中でストレスを発散するような工夫をおすることが必要です。

ストレスで起こる視力障害とは?

ストレスを抱えてしまうと、心臓病や胃潰瘍などの病気にかかることがあります。これを心身症といい、ストレスで身体のどこかに病気の症状がでるものです。

目にも心身症でおこる病気があります。眼瞼痙攣がんけんけいれん、眼精疲労、チック、心因性夜盲、心因性斜視、心因性視力障害などです。

この中で特に多い病気が「心因性視力障害」で症状を以下のものです。

  • 時と場所によって視力が変わる。
  • 見え方が変わる…視野が狭くなったり、見たものがピンク色に見えたり、暗所だとほとんど見えない、耳がきこえずらくなることがある。
  • 8歳〜12歳の子どもに多く、男子よりも女子の方がかかりやすい。

目に異常があるわけでもないので、メガネをかけても意味がありません。ストレス性のものなので、子どもの悩みを良く聞いてストレスを取り除いてあげることが重要です。

まとめ

眼精疲労と視力低下の原因を4つ紹介しました。この中で眼精疲労と視力低下の大きな原因は、「原因1 目の筋肉疲労」と「原因2 目と目の周辺の血流不足」なので、症状が酷い人はこの2つを改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ