「女の子と仲良くなり、良い関係を保つ」女の子との話し方とは?

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

気になる女の子がいても「どう話せば仲良くなれるか?」と悩む男性も多いはず。

また付き合ってからも、彼女と何気ない会話が噛み合わないことが増えて、ケンカの原因となることもあります。

こう悩むのも女の子との話し方を男性は知らないからでしょう。

今回は、男性が女の子と仲良くなるため、付き合ってから良好な関係を保つための話し方について紹介していきます。

スポンサーリンク

女性は会話に共感を求める

男性が女性と会話するときに、必ず意識していないといけないことは、「女性が会話で求めるのは共感してもらうこと」だということです。

女性が男性に話をするとき、「仕事で上司に怒られた」「最低な人がいた」「仕事が辛かった」など、愚痴をこぼすことが多いと思いでしょう。

そんなとき、男性は「(上司の)虫の居所が悪かっただけなんじゃない?」「もっといい方法があるよ」と、女性を納得させようとしたり、問題の解決方法を話すことが多いのではないでしょうか。

しかし、それが男性なりの優しさだとしても、女性にはまったく響きません。むしろ、「なんで、私の気持ち分かってくれないの!」と逆上するかもしれません。

このように男性と女性で話が噛み合わないのは、男性は「問題解決をしたがる」が、女性は「共感を求めるため」です。

そのため、女性が愚痴をこぼすときは、話を聞いて「辛かったね!」「最低だね!」と共感してあげることが喜ばれます。

基本的に聞き手にまわる

男性の中には、自分の話を延々として自分だけすっきりするという人もいますが、それだと女の子は不満やストレスが溜まってしまうかもしれません。

女性の性格にもよると思いますが、基本的に女性は話をすることが好きな生き物で、ある学者は「女性は本能で話をする」と言っているほどです。

そのため、基本的には女性と話をするとき、男性中心に話をするよりも、女性の話を聞いてあげる方が好まれます。

だけど、ただ黙って聞くだけでなく当たり前ですが、女の子の話に共感することや、「これ楽しそう」「これ面白いよ!」など、感情的になった新しい話題を提供することも必要です。

また、内向的な女性のように話すことが苦手で、逆に話をしてほしい女性もいるので、すべての女性が聞き役になってほしいわけではないということも知っておきましょう。

関連記事

内向型の人(外向性スコアが低い人)の特徴

自慢話なんてつまらない!

女性の中には、お金、高級時計、高級車、権力や名声など、男性のステータスに惹かれることは事実でしょう。

だから、男性の中には自分にはこんなステータスがあると自慢話をして、女性にアピールしようとする男性は多いはずです。

また、自分に自信がないことを隠すために、自慢話をして周りから大きな存在だと思われようと、自慢話をする男性もいます。

理由はどうであれ、女性からしたら男性の自慢話は、聞いていてウザいと思われるだけです。

例えば、こんな自慢話をしているのなら止めましょう。

  • ブランド物、高級車、高級時計などお金持ち自慢
  • 自分は他人よりも才能がある、能力が高い自慢(俺の方がすごいぞ!)
  • 誰もやっていないことをしている自慢
  • 誰も求めてないのに知識を披露して物知り自慢
  • 忙しくて…寝てないor遊べないアピール自慢
  • 自分の友達はこんなにすごいことをしている自慢
  • 芸能人、スポーツ選手など有名人と知り合いだ自慢

また、女性は男性の行動や持ち物、交友関係を見て、男性の品定めをするので、わざわざ自慢話をしなくてもアピールにはなっています。(ステータスに惹かれる女性限定ですが…)

問題解決はウザいだけ!

男性は知っている知識や問題解決をすることが、女性よりも好きな生き物です。

そのため、女性が男性に愚痴を話すとき、女性はただ愚痴を聞いてもらって共感してもらいたいだけなのに、男性は「もっとこうした方が良いよ」「こういう方法があるよ」と解決案を出してしまいます。

この場合、男性は解決案を出したことで満足するかもしれませんが、女性はちゃんと愚痴を聞いて共感してもらえなかったことで不満に思ってしまいます。

また、自己中心性が高い女性(子供っぽい女性)と付き合っている場合は、女性の話に共感しないことで「私に興味がないの」とキレることもあるでしょう。

なので、女性の話は最後まで聞くようにして、女性が満足したようだったら何も言わない。女性が「どうしたら良いと思う?」と、アドバイスを求められたら自分なりの問題解決を話すようにしましょう。

直球的な否定や命令口調は女性は嫌う

男性は競争意識が強いため男性同士の会話では、自分の考えが違うと「それは絶対違う」「ダメだろう」「くだらない」と直球で否定的な言動をとることが多いです。

また、男性は自分が優位に思われたいので、「これをしろ」「やめろ」「そんなことするな」と、上から命令口調で接することもあります。

しかし、女性の世界は競争ではなく、共存や調和を求める世界(男性は縦社会、女性は横社会とも言われます。)なので、男性のような否定的で命令口調の会話をすると、女性から嫌われてしまいます。

これを解決するには、女性同士の会話の特徴を真似するといいです。

女性は自分と意見が違っても直球で否定するのではなく、相手の意見を受け入れてから、自分の意見を述べます。例えば以下のような感じです。

  • そうかもしれないけど、こういう考えもあると思う。
  • あれも良かったね、私はこういうところも良かったと思う。

また、命令口調を使うのではなく、女性に対しては「◯◯して!」というよりも、「これお願いして良い?」と、上から目線で頼むのではなく、相手に配慮した言い方を心がけるようにしましょう。

女の子との会話を楽しもう!

女の子と会話をするとき、以上のことに注意すると、少なくとも嫌われることはないと思います。

あとは、あなた自身の話題の選び方ユーモアがあれば、気になる女の子ととも付き合えるはずです。

また、相手のパーソナリティ特性を知ると、相手の価値観、考え方、判断基準などが知れるので勉強してみると、もっと相手のことを理解する手助けになります。

関連記事

最新の性格分析、パソナリティー5因子モデル「ビックファイブ」について知ろう!!

LOVE理論/水野敬也男性必読の恋愛理論!

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ