共感力に優れた調和性が高い人の性格特性

シェア

誰にでも優しく親切な人、思いやりがあり、一緒にいると温かい気持ちになる人っていますよね?周りに思い当たる人はいるでしょうか? 

こういう性格をしている人は調和性のスコアが高い人です。今回は調和性のスコアが高い人がどんな性格をしているのか紹介しようと思います。

スポンサーリンク

他人の気持ちを深く理解できる

外向的な人は友達を作ることが上手い人なのですが、人間関係が上手いわけではありません。他人との良好な人間関係を築けるかどうかを知るとき、重要なパーソナリティの因子は調和性です。

調和性のスコアが高い人は、他人の心を読むことが上手い人で、その理由として共感することとメンタライジングという2つの能力が高いためだそうです。詳しくはこちら

この2つの能力が高いことで、相手の気持ちが深く理解することができます。相手がどんなことを考えていて、どんなことを感じているか、相手の心の状態を敏感に察知することができるようです。

そのため、相手がどうして欲しいのか、どんなことを望んでいるのかがわかるので、相手の気持ちを考慮に入れた思いやりのある言動を行うことができるのです。

人に尽くす人

調和性のスコアが高い人は、他者の心の状態に注意を払い、相手の気持ちに敏感に察知する傾向が強い人です。

そのため、何か困っている人がいたら、それを察知して話を聞いたり、場合によっては助けてあげたり、協力を求められたら心良く応じて、自分ができる範囲で協力的に行動します。

また、他人が傷つくようなことを避ける傾向にあります。例えば、他人と争うことはせずに、他人を優先したり、他人をバカにしたり、陰口をたたいたり、相手がもしかしたら傷つけてしまうだろうなという言動を避けます。

このように他者配慮の塊のような調和性のスコアが高い人は、当然のことですが他人からも好かれますし、良い人間関係を築くことができます。そして、何事も協力的で、他人を助けるような人なので、他人もその人のことを気にかけ、同じように助けてくれたり、できる範囲で協力してくれます。

このような性格の特徴があるので、カウンセラーやソーシャルワーカー、弁護士だったり、ボランティア活動に精を出すなど、他人のために働く、他人を助ける仕事についている人が多いようです。

自分を優先出来ない人

相手のことが理解できるがゆえに、相手がどうしたら傷つくのかということもわかります。そのため調和性のスコアが高い人は、争うことはしたがりません。

そのため、不本意なことがあったとしても、自分を押し殺して文句を言わない性格のようです。他人に思うように利用されてしまうお人好しの一面があります。

また、常に相手のことを念頭に置いた言動を行うので、自分にとって大切な人たちとの良い関係性を築き、それを保つためにより多くの時間と労力を割きます。

このように他人のために時間を使うことはいいことのように思いますが、裏を返せば自分にとって重要な仕事や勉強、その他の活動を後回しにしてしまう傾向が強いようです。

このようなことがあるせいで、他人には本当に好かれる一方、仕事や勉強がおろそかになり、自分の目的を達成することや仕事で成功することができない人のようです。自分の気持ちや生き方が犠牲にされることがあります。

まとめ

調和性のスコアが高い人は、他人の気持ちに敏感なため、相手のことがさも自分のことのように思ってしまうのかもしれません。だから、自分だったらこうされると嬉しいということを、他人にもしてあげるのでしょう。

他人の幸せは自分の幸せのように感じてしまうので、他人に尽くしすぎる面があります。自分の気持ちを押し殺したり、自分にとって重要なことを犠牲にしてしまうので注意が必要です。

調和性のスコアが高い人は、自分の活動と他人の意向のバランスをとるようにしなければいけません。

スポンサーリンク

シェア

関連コンテンツ



スポンサーリンク