調和性が低い自己中心的な人の性格特性

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

調和性のスコアが低い人は、簡単にいうと自己中心的な人のことで、一般的に冷たい人だったり、疑い深かったり、不親切で非協力的な人だと思われています。

最近では、離婚率がかなり高くなってきていますが、わがままで協力できない夫婦が多いためではないでしょうか。世の中では自己中の人たちが増えてきていると思います。

パーソナリティ分析ではどういう人なのでしょうか? 今回は調和性のスコアが低い自己中心的な人の悪いところと良いところを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

他人よりも自分を優先する

調和性のスコアが高い人は、自分の利益よりも友人や家族との関係を優先することに、非常に価値があると考えている人で、他人の利益のために多くの時間を使います。

逆に調和性のスコアが低い自己中心的な人は、スコアが高い人に比べて、人間関係に大きな価値を置いていません。自己中心的な人は何よりも先に自分の利益を優先する人です。

一般的に自己中心的な人は、他人に対する思いやりに欠けるところがあります。そのため冷たい人だと思われてしまうのですが、こんな言動をするのは他人と関わることへ大きな価値を見出していないためです。

また、自分の利益を優先することが目的なので、目的に対して口を出してくる人や、間違いを指摘する人など、その人が善意で行ったことだとしても、邪魔されたと感じて敵意を感じてしまいます。

そうなることで、他人を信用しない人であったり、他人に言われたことや納得いかないことに対して、反発して他人に服従しないなどの態度を取ります。

コミュニケーション能力の欠除

自分のことを優先するあまりに、情がなく冷たい人だと思われてしまいます。競争で勝つことに関心が強く、敵対心が強いので、他人を信用することができません。

他人に同情したり、親切にする気がないので、他人から親切にされると、善意を真正面から受け取ることができずに、何か裏があるのではないかと疑ってしまいます。

そして、他人を信用していないせいか、本音をあまり話しません。他人から何か頼まれても非協力的で、自分に負担が回ってくるとすぐに文句を言います。挙げ句の果てに、他人がちょっとしたミスを犯すと必要以上に怒り、周囲の人に不愉快な印象を与えます。

こんな自己中心的な行動が目立つので、人間関係は当然うまくいきません。友達が少なく、恋人が出来ても自己中な言動で嫌われてすぐに別れたり、仕事を第一に考える傾向が強いので、家族を蔑ろにしてしまい、子供がぐれたり、離婚ということも多いと思います。

自己中心的になりがちで、人間関係がうまくいかない人は、自分を優先するのではなく、他人と過ごす時間を多く取るようにしましょう。

自分の思い通りにならないことで敵対心を燃やして怒るのではなく、最初は他人を信用するように心がけるようにしましょう。そして、他人を突き放すのではなく、かといって自分の意見を押し付けることなく、辛抱強く本音で話すことを心がけるようにしないといけません。

自分の目的を達成することができる人

前記したように人間関係をうまく処理ず人間関係がこじれてしまう性格タイプではありますが、自己中心的なことで良いこともあります。

それは他人を気にすることがなく、自分が重要だと思うことを優先して、自分の目的を達成することができるということです。

例えば、友達にかなりの頻度で遊びや飲み会に誘われる機会が多い場合、調和性のスコアが高い利他的な人は、自分にとって重要なことがあっても断ることができない場合があります。

明日までに仕事終わらせないといけない時、テストがあって勉強をしないといけないという時、自分にとって重要な出来事を優先することができない人だと、良い結果を生むことができません。

そのてん調和性のスコアが低い自己中心的な人は、他人を気にすることなく、自分の利益を追求することで仕事や勉強でも成功する人が多いようです。

パーソナリティとキャリアの関係を約4000人の企業管理職の人たちを対象として調べた研究では、収入、昇進度、社長になる可能性で、管理職に向いている人は自己中心的な人の方が有利に働くという結果が出ました。つまり、情にもろい良い奴は出世しないのです。

また、クリエイティブな仕事で成功するという結果も出ています。クリエイティブでいるには、かなりの時間を仕事や学問、趣味と向き合わなければいけません。そのため、他人と関わる時間はないのです。

自己中心的でいることは、成功者になる資質ではあるのですが、注意点がひとつあります。それは自己中心的であっても、外向的でなければいけないということです。高い報酬や高いステータスを手にいれようと活動的にならなければ成功など望めません。

まとめ

社会は弱肉強食の世界で、競争に勝たなければ生き残れない状況にあります。個人的に成功するには、情に流されることがなく、自分の利益を優先しなければいけません。

毎日の競争社会で生き残らないといけないという時代だからこそ自己中心的でいないと、経済的に裕福で安定した生活が送れないのです。

仕事の成功と良好な人間関係。あなたが求める人生の幸せとはどちらでしょうか?

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ