低身長は遺伝よりホルモンが重大!身長が伸びるメカニズム

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

「身長が低くて舐められる」「服のサイズが合わない」「好きな人より背が低い」など、身長が低いことをコンプレックスと感じている男女は多いです。

身長が低いことがコンプレックスで悩まないためにも、成長が止まる前に出来るだけ身長を伸ばす努力が必要です。

そこで今回は、身長を伸ばす努力をする前に知っておきたい、身長が伸びるメカニズムについてまとめてみたので紹介します。

スポンサーリンク

身長は遺伝が20%、生活習慣が80%

身長は両親からの遺伝による影響がほとんどだと思って、身長が低いことを「仕方ない」と諦めている人は多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です!

大人の身長の決定に関わる遺伝子を探し出すために、人の全遺伝情報を25万人分調査する大規模な研究で、身長に強く関連する697カ所の遺伝子の違い(SNP)が分かりました。

この研究結果で、骨や軟骨を作ることに関与するものや、身長に関わると考えられていなかったものも含むと、身長の遺伝の20%程度を決めており、他にもっとたくさんの遺伝子が関わっています。

つまり、身長による遺伝の影響は20%前後であり、残りの80%は生活習慣による影響だということです。

実際に、身長が両親より高い子供は探せばいくらでもいますし、遺伝だけが身長を決める要因になっていないことは明らかです。

身長は遺伝よりもホルモンの影響大

身長は遺伝が20%、生活習慣が80%影響していることが分かりました。では、どんな生活習慣にすれば身長に良い影響を与えることができるのでしょうか?

身長に関する病気で「低身長症」というものがあります。これは、「成長ホルモン」や「甲状腺ホルモン」の分泌が不足することで起きる病気です。

そして、治療にはそれぞれ不足している「成長ホルモン」と「甲状腺ホルモン」を投与して、身長を伸ばすことから、身長に強く影響を与えていることが分かります。

つまり、身長を伸ばすには「成長ホルモン」や「甲状腺ホルモン」の分泌を即して、ホルモンバランスをコントロールする生活習慣にすることが重要です。

骨端線の増殖で身長が伸びる

kotutansen

身長を直接的に伸びるのは、「骨端線」と言われる骨と骨の間にあり、骨同士を繋ぎ合わせる軟骨が成長することで身長が伸びます。

具体的には、「骨端線」が運動などで破壊されて再生する際に、骨端線が前よりも増殖することが身長が伸びるということです。

また、骨端線は成長期が終わるとなくなってしまい、一般的に身長が伸びる成長期は、男性:18前後、女性:16歳前後です。

(※個人差があり、男性:25歳程度、女性:22歳程度まで骨端線あり、身長が伸びるケースもあります。)

そのため、身長が伸ばすためには、成長期が始まる10歳頃から骨端線がなくなるまでに、成長ホルモンを分泌するための生活習慣を続ける必要があります。

骨を増殖させる「ソフトメジンC(インスリン様成長因子-1/IGF-1)」

身長が伸びるとは、骨端線が増殖することで骨が長くなることでしたが、骨端線の増殖を活性化してくれるホルモンがあります。

それは「ソフトメジンC(インスリン様成長因子-1/IGI-1)」というホルモンで、成長ホルモンによって肝臓や軟骨細胞など全身の各組織で産生されます。

ソフトメジンCは、成長ホルモンよりも直接的に体の成長に関わっているホルモンで、産生されて血液中に分泌され、骨の増殖、筋肉、内臓の成長を即しています。

性ホルモンが身長を低くする

これまで、身長を伸ばすホルモンについて紹介しましたが、逆に身長が伸びなくするホルモンもあります。

それは「性ホルモン」で、思春期に多量に分泌し、身長の伸びを加速する効果と同時に、骨端線の細胞分裂を止めて固めてしまう作用があるのです。

つまり、性ホルモンの働きで身長は急激に伸びるが、それ以降は徐々に停滞してしまい、身長が伸びなくなるのです。

そのため、思春期の到来を遅らせて性ホルモンの分泌を抑制すると、身長が伸びる期間を長くすることができるのです。

身長を伸ばしてモデルのようなスタイルになろう!

これで身長が伸びるメカニズムは分かりましたか?

この情報を踏まえて、次は実際に身長を伸ばすための効果的な方法について紹介していこうと思います。

女子にモテる!憧れのモデル体型!成長期に身長を伸ばす効果的な方法

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ