【ホンマでっかTVまとめ】運や幸運を科学的に検証!

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

運は本当にあるのか!? 世の中には目に見えない力を信じない人もいます。そういう人は、科学的に運を理解していないから。

また、ことわざのホンマでっか!?で、結婚相手にした方がいい良い男性の選び方なども紹介!

スポンサーリンク

運命を変えられると信じる人は4年間で約1300万円も裕福に!?

オーストラリア、メルボルン大学が877万世帯を調査した事で、運命を変えられると思う人は、将来のため夢を実現するためにお金を貯金します。

運命を変えられないと思う人は、どうせ運命なんて変わらないと思って、刹那的にお金を使う傾向にあります。

お守りは効果あり!?

お守りやおまじないは、気休めだと一般的んは思われていますが、実際に実験してみると、お守りやおまじないを試合や試験前にもっているかいないかで、勉強やスポーツの成績に違いがあり、もっている方が成績が上がる傾向にあります。

また、お守りを持っていても、お守りが手元にあるかないかでも成績に違いが生まれることが実験で証明されました。

これはなぜかというと、お守りを持つことで暗示にかかり、自信が増すことが良い結果を生んでいるようです。逆に人によっては、自信がついてリスキーなことに手を出す人もいるようです。

「がん」になるのも運次第!?

がんになるかどうかは運次第という研究があります。

病気になるならないは色々な要素が関係しており、特に医学では治療が運だのみだと困るので、運という影響が排除されるように進化してきました。

アメリカのジョーンズホプキンス大学の研究で、女性の乳がんと男性の前立腺がん以外の様々な組織にできる色々ながんを統計的に分析しました。

成人が発症するがんの2/3が、腫瘍の成長を促進する遺伝子に不運な変異が起きることで、がんを猛烈に育てていることが分かりました。

残りの1/3でがんになるのは、親からの遺伝や生活習慣に問題があることよります。また、遺伝子の不運な変異による相乗作用も関係しているようです。

どちらにしてもがんには偶然が作用しており、誰にでもがんになる可能性があるようです。

運を呼び込む

運というのは、ずっと続くものと、降って湧いてくるものがあります。

模様替えする人や寄り道をする人ほど、予期せぬ幸運に出会いやすいようです。

ストレスはかかるが普段やっていないことをやることで、予期せぬ出会いなどがあり、交流する機会が増えることで運を呼び寄せる事が出来るようです。

おみくじで凶があまり出ない理由

明智光秀は本能寺の変の前におみくじで凶を引いているという伝承があります。本当はおみくじは何度も引いてはいけないけれど、明智光秀は結果が嫌で何度も引いたと考えられていて、三日天下で滅んでいるという点で当たっているそうです。

最近ではおみくじに凶を入れない神社仏閣が増加しているようです。東京都文京区にある湯島天神のおみくじには、凶が入っていないそうです。

凶を入れないのは、凶に対する免疫力が落ちている為で、凶を引くとショックが大きく子供だと泣き出してしまう子もいたり、神社へのイメージが悪くなるからだそうです。

ちなみに、浅草の浅草寺は凶が多いようです。それは伝統に従っているためで凶が約1/3の確率で出るようになっているようです。

おみくじを木に結んじゃいけない!?

引いたおみくじは木に結ぶことはやってはいけないそうです。

結ぶ用の柵を設けている神社もありますが、それは神木を守る為の防御策として仕方なくしてあるそうです。

おみくじを木に結ぶというのは、最初は凶が出た時に悪い運勢を置いて行く意味で始まったのですが、最近では凶以外の基地や大吉まで結びつけるように習慣化されてしまったそうです。

引いたおみくじは本当は持って帰らないとダメなもので、持っていることで自分の戒めや励ましとして読み直すことが本来おみくじの役割です。なので、凶を持っていたからといって不運にはなりません。

また、おみくじを引くのは本当は僧侶や神職がやるのが正式なやり方のようで、正式なものだと祝詞をあげたり、お経を読んだりするので、半日がかりになるそうです。

歴史ある神社仏閣では現在も本来の手順で行っているところもあるそうです。

神頼み代行サービスが流行っている!?

神頼み代行サービスのオンデマンド祈願というものが流行っているようです。

数年前から神社での合格祈願やお守りを購入を代行する業者が増加しており、祈願するところを動画で撮ってネットで流してそれを本人が見るようです。料金は3000円だそうです。

今では代行サービスを禁止して、FAX等で直接申し込んで受付する神社もあるようです。

運試し就活が流行っている!?

ガチャガチャやゲームで就活を行う、運試し就活をするケースが多くなっているそうです。

最近では就活生の緊張を和らげるために、合コン就活やフットサル就活をしているところもあるそうです。

ガチャガチャ就活とは、焼肉屋さんのようなラフな会場で、中小企業と就活生が会場に集合して、ガチャガチャを回してどの企業が隣に座るか決めて面接をするそうです。

なぜこんなことをするのかというと、計画的偶発性理論というものがあり、仕事の約8割は運で決まるという理論が関係しています。

子供の頃にこうなりたいと夢見て、自分が望む仕事についた人は、18歳の時点でなれる人は10割のうちの約2%の人しかおらず、運や偶然をどう活かすか、どう対処するかというところを就活で見ようと考える企業があるそうです。

招き猫の並べ方を間違えると逆に運が下がる!?

招き猫は、右手を上げている猫はお金を呼び寄せいる 左手をあげている猫は、人を呼び寄せると言います。

この2種類の招き猫を並べる時に、上げている手が内側に来るように並べることが正しいそうです。

逆に外側に上げてる手がくると万歳をしたようになり、お手上げという意味になるので良くないそうです。

パワースポットの効果

パワースポットというものがありますが、もともとパワースポットはタブーと結びついています。

沖縄に斎場御嶽(せーふぁうたき)というところがありますが、元々そこは男子禁制の場で、最高の巫女さんしか入れず、王様も簡単に入れなかったそうです。

聖地とはタブーと結びついてから、パワースポットとして効果があるのであって、現代は何でもかんでもパワースポットにしていますが、全く意味がないことです。

13日の金曜日は本当!?

欧米では13日の金曜日は運が悪日だと言われていますが、実際にその日だけで、約1000億円も経済損失が出ているそうです。

13日の金曜日は不幸な出来事が起きると欧米では恐れらており、13日の金曜日シンドロームという病気があるほどで、その日になると体調が悪くなる人もいます。

13日の金曜日をマジで信じている人は、1700〜2100万人いるそうで、その人たちが普段していることをしないために、1日で約1000億円の経済損失が起きているそうです。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ