【ホンマでっかTVまとめ】首都東京に潜む危険と三浦春馬&小池徹平の人生相談

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

東京には直下型の地震で壊滅する可能性がある!? 大地震の前には逆に地震が少なくなる!? 知られていない地震に関する新事実を紹介。

ホンマでっか!?人生相談では、小池徹平付き添いで、熱しやすく冷めやすいという性格を改善する方法を、三浦春馬が人生相談します。

スポンサーリンク

首都東京の危険に関するホンマでっか!?情報

東京は海外の歳に比べて比較的安全な都市だなんて思っていませんか? 実はそれ大間違いです。

自然災害が起きた時世界一被害が大きい街は東京!?

スイスの再保険会社が世界の616の都市を対象に調査した。自然災害時の危険な都市ランキングで、日本の3都市がトップ10入りしています。

  1. 東京・横浜(日本)
  2. マニラ(フィリピン)
  3. 珠江デルタ(中国)
  4. 大阪・神戸(日本)
  5. ジャカルタ(インドネシア)
  6. 名古屋(日本)
  7. コルカタ(インド)
  8. 上海(中国)
  9. ロサンゼルス(アメリカ)
  10. テヘラン(イラン)

日本は火山・地震・台風などで被害を受ける人口が多く、東京は直下型の地震で壊滅する可能性が高い都市です。東京で直下型の地震が起きると、耐震構造をしていても小さい家は潰れると予測されます。

また、大阪は台風・洪水の被害に受けやすく、名古屋は活断層が近くにあり、地震が起きるのではないかと言われています。

大きな地震が多いと感じるのは誤り!?

最近、震度5とか6とか多いですが、十数年前までは震度計は全国約200箇所の気象台にしかなかったそうです。

阪神大震災の時の反省で、現在は4000箇所以上あります。

このことで、最近大きな地震が増えたと感じるのは、震度計が増えたことで正確な震度を計測できるようになったためです。

2011年の東日本大震災以降は大きな地震は増加したが現在は元に戻っているそうですが、ここ200年間で見ると地震回数に変化はないそうです。

地震は来るがいつ来るか予測不可能!?

皆さんは東京に地震が来ることを心配すると思いますが、地震は日本全国どこに来るのもほぼ同じだそうです。

そのため、予測してどこに来るなんてことは考えてはいけません。人が死ぬことは分かっていることですが、地震も起きることは分かっていることなので、常に備えて置くことが重要です。

また、人がいつ死ぬか予測するのは難しいように、地震がいつ起こるか予測するのも難しいことです。なので、地震がいつ起きますかと聞かれても、まったく予測は不可能なのです。

しかし、データで予測できるのでは?という質問に。

天気予報だと明日の降水確率は30%だと言われますが、地震の場合は30年以内に1%や3%だと言われています。

しかし、地震予知などのデータは学問的にまったく根拠のないものなので数字の意味はなく、信用しない方が良いようです。ただし、地震はいつか起こるので備えは必要です。

首都東京で直下型地震の経済損失は112兆円!?

中央防災会議というところで、もし首都東京でマグニチュード7の直下型地震が発生した場合に想定される経済損失の想定被害額は112兆円と算出したそうです。

阪神・淡路大震災の被害額は約10兆円だそうです。

東日本大震災の被害額は約16兆9000億円でしたが、東京ではそれの6.6倍の被害額になり、東京の被害額の桁違いな大きさが分かります。

歴史的に本当に怖いのは地震よりも火山の爆発!?

1707年に起きた宝永大噴火という富士山の噴火ですが、その時東京に約5〜7センチの火山灰が降ったそうです。

5センチの火山灰が積もって雨が降った場合、雪なら溶けますが、灰は泥となるので、数十日間も交通がストップして大変な被害がでます。

交通がストップすると物の流通もストップします。それが、数ヶ月続くと東京が食糧難となります。

また、富士山がカルデラ噴火を起こしたら、東京は壊滅します。(カルデラ噴火とは、地形を大規模に変える程の巨大噴火で、噴火後はクレーターのような地形となります。)

今まで一番のカルデラ噴火は約9万年前の阿蘇4噴火(熊本)というもので、火砕流は九州の3分の2と山口・愛媛まで到達したそうです。

現在、同じ阿蘇のカルデラ噴火が起きると1100万人ぐらい死亡するそうです。1万年から8000年周期でカルデラ噴火は起きているので、そろそろ来る可能性があるとか。

富士山がカルデラ噴火をすると噴火は何ヶ月も続きます。そして、火山灰は東京に降り積もるので、新幹線、東名高速、中央高速、羽田空港、成田空港など使えなくなりあます。

そのため、富士山カルデラ噴火が発生すると東京の被害額は想定不能だそうです。

将来、大地震は予測できるようになる!?

日本では、体に感じないくらいの地震も入れると、1日に約400回、年間10万回の地震が起きています。

これも、阪神・淡路大震災後に地震計がたくさん増えたことで、非常に細かい地震まで観測することができるようになったためです。

そして、大地震の前兆としてあるのが、普段よりも地震の数が減る傾向にあるそうです。

地震予測長尾先生の地下天気図プロジェクトでは、2016年4月16日の熊本県で起きたM7.3の地震を予測して発表していたそうです。

ただし、進展中の学問であるため地震の予知はできるが、微妙な場所の違いや地震規模の予測はまだ正確に出せないようです。

中国人のタワーマンション爆買いの裏にある危険とは!?

東京オリンピックの影響で、タワーマンションは人気が出ています。そして、タワーマンションは中国人が爆買いの対象として即金で何部屋も買う人が多いそうです。

しかし、爆買い中国人は即金で買った後に必要な管理費や修繕費を未納になることが多いそうです。

中国人は管理費や修繕費を払う習慣がないことに加えて、日本の口座からの引き落としなので、日本に住んでない投機目的の中国人は、中国から送金する手間がかかるので、未納になるそうです。

そして、未納分を回収しようと海外の人を対象に財産を差し押さえようとしても、海外の人の財産を把握できないし、差し押さえをしてもかなりの金額がかかるので、未納分を回収することは非常に難しいようです。

東京五輪詐欺が増えているのでご注意を!

2020年の東京オリンピックに便乗した詐欺が流行っているそうです。

  1. 用地取得や関連施設の建設と偽り、費用を債権化して売ろうとする。
  2. 五輪関連銘柄の株と偽って、投資資金を騙し取ろうとする。
  3. 関連グッズを扱う企業と偽って、投資を呼びかけようとする。

身に覚えのある人は気をつけましょう。

不動産で人気の駅周辺は、強盗が起きやすい!?

犯罪を理解する時に「異常心理系」で理解できるものと「ビジネス系」で理解できるものがあります。

常習犯はビジネス系として動いていおり、ビジネスで打ち合わせする時、お互いの都合のいいところで約束するように、強盗の被害者と加害者がお互いの都合がマッチするところで起きます。

ニューヨーク市警の調査で、地下鉄が動いている間は地下鉄の駅周辺で、終電後は地下鉄の駅から離れたところで強盗が起きるという調査結果があります。

日本でも同じように考えられて、昼間の地下鉄駅周辺は多くの人が動くため、ビジネス系の常習犯にとって逃げやすいので、不動産で人気のある駅周辺では、強盗が起きやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ