【ホンマでっかTVまとめ】間違いだらけの夏の習慣(生田斗真&松坂桃李)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

「エアコンをつけて寝るのが正しい!?」「クルービズなんて絶対ダメ!?」「うなぎを食べても夏バテ防止にならない!?」「塩分補給はいらない!?」など

ゲストに生田斗真さんと松坂桃李さんを迎えて、間違いだらけの夏の習慣を紹介!

また、得するホンマでっか!?では「友達を家に呼ぶのと、呼ばないとではどっちが得?」、「雨の日に出かけるのと出かけないのどっちが得?」を紹介。

スポンサーリンク

間違いだらけの夏の習慣についてのホンマでっか!?情報

熱中症は猛暑の日だけ気をつければ良いと思っていませんか? それは大間違いです。

猛暑が予想されるこの夏、思いもよらない危険が潜んでいる。

猛暑日後5日間は熱中症になる危険性がある!?

アメリカのハーバード大学で、1999年から2011年の約10年間で2370万人の熱中症の入院患者と気温との相関関係を調査した研究があります。

アメリカと日本では気候が違いますが、アメリカで猛暑日は年間を通して3日くらいしかなく、猛暑日と非猛暑日を比べて結果、猛暑日の後5日間は、熱中症で入院する確率は、非猛暑日の時よりも約2.5倍高いことが分かりました。

猛暑以降に涼しくなっても熱中症になる危険性が高いため注意が必要です。

日本のデータは2011年から2015年の間、東京23区で熱中症で亡くなった方の9割は家の中で亡くなっています。

熱中症で亡くなった79%の人は65歳以上の高齢者で、クーラーをつけなかったことが大きな理由なので、朝からクーラーをつけた方が良いそうです。

高齢者が室内で熱中症になるのは、外に出ると温度差が4〜5度あり、暑さをすぐに感じますが、室内だと徐々に温度が上昇するので、高齢者は温度が上がっても分からないそうです。

脳は暑いと思わなくても、体は暑さに反応しているので、気付いた時には熱中症になってしまうようです。

夏は脳が疲労して騙されやすくなる!?

昨年のケンブリッジ大学で500人以上の学生を対象に20度の部屋と30度の部屋に分けて、眉唾物の論文を読ませて、判断力を調査する実験をしました。

その結果、20度の部屋の学生は「宇宙人の襲来」といった嘘の論文は信じませんが、30度の部屋の学生は、嘘の論文を信じやすい傾向が3.5倍みられました。

実際に夏は脳が疲労して「どうでもいいや」考えることやめたり、判断力が鈍るので、詐欺の被害にあう人が増加するので注意が必要です。

また余談で、気温によって性格に違いがみられ、温暖な地域の人は、開放的な人が多く寒い地域の人は、排他的で厳粛な人が多いという傾向があり、気温は人の性格にも影響を及ぼしています。

寝る時は必ずエアコンをつけて寝よう!

夏バテの原因はいろいろ言われますが、実際は体温を調節する自律神経が酷使されることで、夏バテになります。

今でも寝る前にエアコンを消して寝る人が多いようですが、夜は絶対にエアコンを消してはいけません。

エアコンを消して寝たほうが健康にいいなんて嘘を信じている人もいますが、寝汗をかく状態は自律神経を酷使しており、運動しているのと同じ状態です。

寝ながら運動している状態なので、当然疲労を取ることができません。

理想はエアコンをガンガンにかけて、つけっぱなしにして、布団を胸ぐらいまで被って寝るとぐっすり眠れ疲労も回復します。

なぜなら、こたつに入ると眠くなったり、露天風呂に入るとリラックスできように、心臓より上は涼しくして、心臓より下が温かいと副交感神経を刺激してリラックスでき、一番疲労を取るのに適した睡眠方法だからです。

クールビズなんて絶対にダメ

人間が誕生したとき、外気温25度、体温37度が普通で、12度の温度差で活動することが、人間にとって標準的な生活となります。

そのため、仮に気温が31度の場合、体温との温度差が6度しかないので、気温が上昇した場合は、活動量を半分に減らさないといけません。

しかし、現代人はやらなければいけない仕事があり、内臓など体の活動量は減っているのに、気温が上昇しても活動量が減らすことがないため、体のダメージが増大します。

環境省は28度をクールビズ設定温度としておきながら、同時に熱中症の厳重警戒に指定しています。

クールビズなんて絶対にしてはいけません。

夏バテ防止のうなぎは嘘!?

毎年、土用の丑の日に夏バテ防止のためにうなぎを食べますが、実はうなぎは夏バテ防止に効果がありません。

昔はエネルギー・ビタミンが不足しがちだったので、夏バテ防止に効果があったかもしれませんが、現代はエネルギーが不足して疲れるということはほとんどありません。

結局、夏バテをするのは自律神経の乱れが原因で、脳が疲れているから起こるので、食事でエネルギーを補給するよりも、規則正しい睡眠を取る方が夏バテには有効的です。

うなぎはよっぽど貧しい食生活をしているのなら効果があるかも?

ちなみに、夏向きの魚はカツオやマグロがオススメです。カツオとマグロに含まれているイミダゾールジペプチドが自律神経中枢の疲れを癒す働きがあります。

熱いお風呂は疲れるだけ!?

温泉好きな方は喜んで40度以上の温かいお風呂に入ることが好きですが、実は熱いお風呂は疲れてしまいます。

なぜなら、熱いお風呂に入ることも、一生懸命に汗をかいて自律神経を酷使してしまうためです。

温泉に入ったらよく眠れるという人がいますが、実際に調べると温泉に入るとドーパミンが出て達成感を感じて一時的に疲労を感じないけれど、実は自律神経を酷使して疲労が溜まっており、疲れたことでよく眠れているだけのようです。

正しいお風呂の入り方は、ダラダラ汗を流すのではなく、ぬるい39度で半身浴で入ることで、血流が良くなり、疲労物質が出て行きます。

しかし、これも長く入ると疲労が蓄積するだけなので、10〜15分ぐらいで汗が流れて来た時点でやめた方がいいようです。

逆に疲れてなくて眠れない時は、熱いお風呂に長く入ることで、自律神経を疲れさせると、すぐに眠ることができます。

意識して塩分補給しなくてもOK!?

夏場塩分を摂りましょうと耳にしますが、意識して摂らなくても問題ありません。

実際にナトリウムが不足して意識障害などを引き起こす、低ナトリウム障害になる人はいますが、通常の人は普通の食事をしていれば塩分は足りており、塩分を余計に摂ると摂り過ぎで夏バテになります。

(塩分を余計に取った場合の水の摂取目安は、塩分1グラムに対して300ccを摂取する)

実際、サッカー国際レフリーに一週間前から塩分を極力摂らせない食事をさせて、試合に参加させる実験をしました。

レフリーは、夏の炎天下で走り続けても喉が乾かずに動け、試合後も全く疲れを感じなかったそうです。そして、「もう一試合連続でいける」と初めて体感できるくらい疲れを感じなかったそうです。

炎天下で動いている人は熱中症になりにくい!?

熱中症は、体内に熱がこもるために起こるので、炎天下で動いて筋肉を使っている人は熱中症になりません。

むしろ熱中症になる人は、体を動かさずにじっとしている人です。

また、動かずにじっとしている人が水を飲んでも意味がありません。なぜなら、水を飲んでも汗が出ずに、熱が体の中にこもってしまうからです。

なので、動かずにじっとしている人は、エアコンをつけて湿度を下げるようにして、涼しいところにいることが熱中症対策として有効です。

日焼け男子はモテない上に蚊に刺されやすい!?

イギリスのセントメリーンズ大学で、約100人の男性の顔写真を女性に見せて、写真の男性の魅力を採点してもらったところ、日やけ肌の男性はモテない傾向にありました。

そして、国立感染研究所の研究で、蚊は黒色によってくる傾向があり、服や肌が黒いと刺されやすい傾向にあります。

実際に黒色と黄色どっちによっていくか調べても、蚊は黒に寄っていきます。これは、蚊が黒色しか認識できないためのようです。

また、蚊が好きなものはわかっているそうです。それは

  • 血液型がO型
  • 汗っかき
  • 酔っ払い
  • 色黒

両面にUV加工されたサングラスをかけよう!

夏のサングラスのレンズはUV加工をしていますが、前と後ろの両面にUV加工がされていないと、前方方向からくる紫外線はカットしますが、後ろからくる紫外線は反射して目に入ってくるようです。

両面にUV加工がされていないと、サングラスで瞳孔が開いた目に直接、反射した紫外線が入ってくるので、両面にUV加工があるサングラスをかけるようにしましょう。

夏の引きこもりは隠れ炎症、心臓病、アルツハイマー病に注意!

暑い夏、熱中症もやばいですが、おこもり生活をしていると隠れ炎症にもなりやすいです。

炎症は細菌が体内に入ってきて、細菌を撃退しようとして、症状に自覚がありますが、隠れ炎症は比較的小さい炎症で、無自覚で気づかないことが多いです。

原因は紫外線や疲労蓄積、肥満があります。また、夏の暑い時期に家の中で引きこもりで、脂っこいものを食べたり、運動不足なのも隠れ炎症になる原因のようです。

家の中に引きこもると新陳代謝が悪くなり、隠れ炎症以外にも、心臓病やアルツハイマー病に繋がることもあるようです。

20〜40代の2000人に調査すると、3人に1人約30%の人が危険水域に達しているそうです。

どうしても家にいる人は爪先立ちで生活すると良いようです。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ