【ホンマでっかTVまとめ】日本人が持つ能力や強みについて

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

リオオリンピックが開幕して連日、日本人選手の活躍が期待されているなか、日本人は自分たち持つ能力や強みをよく理解していません。

まだ、日本人が知らない日本人の強みや能力について、専門家が紹介します!

日本人は世界一長寿なのは特有の腸内細菌のおかげ!?

大腸には約1000種類の腸内細菌が数百兆個〜千兆個あるのではないかと言われています。

最近になって日本人の腸内細菌環境は変わっていることがわかってきて、日本人の19歳から60歳までの約100人と11カ国の約750人の人を対象に腸内細菌を調べました。

その結果、日本人の腸内細菌は変わっていて、ビフィズス菌が多く、炭水化物やアミノ酸をうまく分解して吸収する能力に長けていることがわかりました。

また、日本人は炭水化物を分解すると水素がでます。その水素を使って酢酸を作り、酢酸は栄養として吸収されるので、エネルギーとすることができます。

一方で外国人は炭水化物を分解するときメタンが発生するそうで、日本人のゲップの中にはメタンが少ないことは昔からわかっていました。

さらに、日本人だけが海苔を消化することができる細菌を腸内に持っているそうです。

これは日本人は昔から生海苔を食べていたため、生海苔についている海洋性のバクテリアが海苔に特有な多糖類を分解することができるからです。

おにぎりの海苔を外国人は、海苔を焼けば消化することができるようです。

新生児は腸内細菌を持っていないので、母親等から細菌をもらうことができるので、外国人も日本に住むことで、細菌をもらうことができる。

世界的に味噌汁が健康食として注目されている!?

日本人が昔から飲む味噌汁が世界的に健康食として注目されています。

味噌汁は日本人が発明したものと言われており、現代の医学でも驚異的な健康効果が注目されています。

味噌汁を飲む回数が多い人は、

  • 胃がんの死亡率が減少する
  • 乳がんや前立腺がんの予防効果
  • 動物実験レベルだと、肺がん、肝臓がん、大腸がん、発ガンの抑制効果あり。

味噌汁の成分に「ゲニステイン」という物質が入っており、これがガンの進行を抑制する効果があるようです。

また、細胞のガン化の活性を抑制する「メラノイジン」という物質も成分として入っています。

実際にあったことで、長崎で原爆が落ちなとき、爆心地のすぐ近くの病院にいた秋月辰一郎医師が、被爆していた当時病院に味噌を大量に備蓄していたそうです。

被爆の中心地にいながら、味噌を患者さんや職員に提供したところ、一人も原爆症を発症することがなかったそうです。

ということがあり、チェルノブイリ原発事故があったときに、欧州から味噌の注文が殺到したそうです。

緑茶は認知症に効果あり

脳科学では、日本の緑茶が認知症のリスクを約65%の確率を減少させるというデータもあります。

緑茶を1日2杯飲むと効果があるようです。

日本人は頭が良い!?

左脳には言語野がありますが、アメリカ人はアルファベットだけなので、単純明快にできていますが、日本人は、ひらがな、漢字、カタカナ、ローマ字を覚えるので特殊です。

日本人で脳の一部が脳梗塞を起こすと漢字だけ読めなくなるなどの症状もあります。これは、漢字とそれ以外の言葉で使っている脳領域に違いがあるからです。

ひらがな・カタカタは、英語系の脳領域を使っており、漢字は画像系の脳領域を使っているので、欧米人よりも日本人の方が脳が活性化しやすいそうです。

そのため、日本人は腸内細菌や言語を総合的に見ても、世界的に頭が良い民族です。

日本人は超長距離走は滅法強い!?

日本人は長距離走が割と強いことで知られています。そして、超長距離走はもっと強いそうです。

日本人はマラソンではよくメダルをとりますが、5000メートルや一万メートルはそんなに強いわけではありません。

しかし、100キロマラソンでは、世界記録保持者は男女共に日本人が持っており、日本人は超長距離に強いです。

理由は、長い距離を走るには、体温を上げないことが有利になるので、日本は多湿なので、日本人は発汗機能が発達しているので、体温上昇を抑えることができます。

また、日本人は足が短いのでピッチ走法の人が多く、小股で走り足への衝撃が小さくなります。

長い距離は心臓ではなく、足にダメージがくるので、いかに足をもたせるかが勝負となり、ピッチ走法の日本人は有利となります。

以上のことから、100キロ走がオリンピック種目になると、日本人はメダルを取る可能性があります。

日本人はスポーツの技術が凄すぎる!

スポーツの世界では、日本の技術がスゴ過ぎると禁止ルールになる事がよくあるそうです。

実例として、水泳でメダルをとったことにより禁止になったことが何回もあります。

  • 1956年の古川勝選手…平泳ぎで50メートルぐらい長距離潜水して金メダルを取ると即禁止。
  • 鈴木大地選手…背泳ぎで30メートルぐらい長距離潜水で、金メダルをとると即禁止。
  • 青山綾里選手…バタフライで長距離の潜水で、銀メダルで即禁止。

理由としては、潜水は危ないからという理由で禁止になっているそうです。

日本人はメダルをとるとすぐに禁止にして、日本人をいじめているのではないかと思う人が多いようですが、これは禁止ルールにさせる程に日本選手の潜水技術が優れているからと、ポジティブにとらえた方が良い。

日本は世界の脅威となる!?

物理学でもスポーツ界と同じような事があり、アメリカとソ連が競争していた頃、ソ連の潜水艦のスクリュー音が突然小さくなり、アメリカ軍がそれを調べて、「こんな加工ができるのは日本ではないか?」と思ったそうです。

そして、実際に日本の工作機械がソ連に流れており、それにより政府を通じて輸出規制違反と通告して輸出禁止になったそうです。

外国にとって日本の優れた技術は時に脅威となることがあるようです。

また、物理学などで優れている大学生の特徴として、「日本人、男、無口、変人」は鋭い考えを持っており、こういう特徴の人間は、教育で矯正するよりは、好きなことをやらせることが良いようです。

日本人は一番優しい民族!?

メンタルは国際比較だと、日本人は一番優しいと言われています。

アメリカ、中国、日本、イギリス、を比べてみると、主人公に喜怒哀楽のいろんな感情があるドラマを見せて、一週間後にどういうシーンを覚えていたかと質問する実験をしました。

その結果、他国の人は、楽しい、暴力的、セクシャルなシーンをすごく覚えているのに対して、日本人が覚えていたのは、主人公が寂しそうなシーンや泣いているシーンをすごく覚えていたそうです。

ことことから、日本人は他人の悲しさ、寂しさが強く印象に残る民族のようです。

海外で「日本人はどうして優しい性格なのか」といろいろ憶測がありますが、日本人は人口の割に、地震・災害を多く経験しており、そういう時に、他人に手を差し伸べないと生きていけないから、その支え合う精神がDNAレベルまでに優しさが組み込まれているのではないかと言われています。

日本人は本心で笑う!?

日本人は外国人に比べて、偽りの笑いが少ないく本心で笑うことが多いようです。また、日本人の笑顔ほど、バラエティに富んだ笑顔はないと世界で言われています。

イギリスとアメリカの共同研究で、外国人の笑顔は単純で、大陸の国民の笑顔は友好や喜びの時に笑います。

日本人は、友好や喜びに加えて、相手を尊敬しているときなどの敬意を表す時に微笑んだり、外国の人が理解できないのが、失敗をした時に笑うということです。

期待したことに対して、他人が答えてくれない時に、しょうがないかと苦笑いをすると言うように笑顔の種類が豊富なことがわかりました。

理由として、日本は島国のため、上下関係が大事となり、笑顔で尊敬を表したり、笑顔でフォローしたりする意味で表すようになったからではないかと言われています。

運動するなら日本食を食べよう!

日本食しか食べていなかった時代の日本人の体力は驚異的だったそうです。

明治の初期に日本に来日した東京大学医学部に将兵されたベルツ博士という方がいました。このベルツ博士は、夏の夜に東京から日光(110キロ)を旅行しました。

日光まで6回馬を乗り換え14時間かかります。

この距離を人力車を引く車夫が、体重54キロの日本人を人力車(車体80キロ)に乗せて、一人で14時間半で踏破することをベルツ博士は知りました。

これに驚いたベルツ博士は、日本食(玄米、梅干し、味噌大根の千切り、たくあん)だけを食べていた車夫に、肉を食べさせて栄養をつけるともっとすごいのではないか肉を食べさせる実験しました。

しかし結果は、車夫は人力車を引くとすぐにヘトヘトになってしまい、3日後には食事を元に戻してくれと頼まれたそうです。

そして、食事を元の日本食に戻すと、前と同じように疲れることなくなったそうです。

同じようにスクワットで実験してみると、日本食では1800回だが、肉食だと300回しかできなかった。

運動の専門家は、肉が悪いわけでななく、強い体づくりには肉は大事ですが、運動をするとなると日本食が向いているということです。

スポンサーリンク

アナタはどっち派?得するホンマでっか!?

私たちが日々選択をしている様々なことは、科学的にはどちらが得なのか専門家が回答します。

一口ちょうだいは…許せる派? or 許せない派?

許せる派:厚切りジェイソン、若槻千夏、島崎、マツコ、ブラマヨ小杉

許せない派:篠原信一、さんま、ブラマヨ吉田

許せない派は、自分にはペース配分があって、一口ちょうだいをするとペース配分が狂ってしまうからで、一口食べたければ、同じものを追加で頼めばいいのでは?

許せる派は、自分は一口ちょうだいと言わないが、欲しそうならあげる。また、マツコは自分の方が美味しいもんを食べていることを確認して、優越感を持ちたいようです。

脳科学:許せる派が得

人間に近いチンパンジーもたまにやるほど、食べ物を相手に分け与えるというのは、人間にとって本質的な行動です。

そのため、許せないという人は、人間の本質から外れている人です。

一番簡単な幸せを得る方法論は、自分のものを相手に与えることです。食べ物を一口あげない人は幸せにはなりません。

法律 :許せる派が得

食事の現場は金銭的な価値観や人間性が出るところ、許せない派の人はケチな傾向があります。

さんまさんやブラマヨ吉田の話を聞いてると、ペースとかプランとか食事を勝ち負けのように考えています。

許せる派の人は、いっぱい食べてお腹を満たしたいから一口もらうのではなく、美味しそうだから、味を共有して感想を言いたいから、一口ちょうだいと言います。

つまり、

  • 許せる派…食べて感想を共有したい
  • 許せない派…あげたら損

と考えているので、言い争っても話が噛み合わない。

印象:許せない派が得

許せない派の人は、自分では一口ちょうだいと言わない人です。

印象的には自分から「一口いかがですか?」と勧めることで、相手も聞き返しやすくなり、印象がアップします。

また、「一口ちょうだいと言える子はどんな女性に思う?」と質問してみると、「人のものに手を出す女なんだな」と思う人もいるようです。

経済学:一口ちょうだいとかシャレにならないくらい許せない!

一口ちょうだいといって一口もらうと、その一口だけで十分な満足感が得られます。

実験でアップルパイを全部食べた人と一口食べた人の満足感を計測すると、同じ満足感を持っているという結果が出ました。

つまり、一口食べるだけで満足感を得られるので、自分ではその商品を買わなくなり、消費が抑えられて経済が停滞するので。

ご飯を食べる時は…満腹派? or 腹八分目派?

満腹派:厚切りジェイソン、篠原信一、若槻千夏、島崎、マツコ、ブラマヨ吉田

腹八分目派:さんま、ブラマヨ小杉

満腹派は、満腹になることが生きてて一番生きてると実感が持てるからだそうです。

腹八分目派のさんまさんは、人生で満腹で動かれへんということがなく、理由は自分の周りの満腹に食べるヤツ、皆アホだったからだそうです。

さんまさん曰く、何も心配もなく飯をバッカバッカ食べるヤツは勉強はアホ、社会に出てからも食べるヤツも皆アホだそうです。

印象:腹八分目が得

印象は周りにいる人が決めるので、印象的には周りの人が幸せになること重要で、周りの人が幸せを感じさせる方が得です。

ご飯を食べた後、満腹になった人のセリフは、「ああ〜腹一杯」「食い過ぎた」「もうだるい」とかや、満腹で動けないや黙り込むなど、セリフや表情は酷くなりやすく印象が悪くなります。

腹八分目派の人は、「すごい美味しいね」「また食べたいね」など、満腹な人よりもセリフが美しく、印象は良くなります。

経済学:腹八分目が得

夕食が接待になる場合、残すと失礼になる為満腹まで食べるようになります。

そのため、仕事ができる人は、朝食や昼食を腹八分目に抑え接待に備える傾向にあります。

若い人も将来的に昇進した時に、接待を受けることがあるので、日頃から腹八分目にしておくと良いそうです。

環境学:満腹派が得

動物は餌を与え続ければ、満腹まで食べます。その食事の量を満腹食として決めます。

動物の実験では、満腹食を決めておいて、その満腹食の8割が腹八分目になります。

その腹八分目をミジンコからウサギまで食べさせると、満腹まで食べさせるよりも腹八分目の方が、約30%長寿になります。

しかし、人間は動物と違って理性があり、人間は満腹による幸福感を得た後、ほかの食事で腹八分目に調整でき、トータルのカロリー計算ができるため。

脳科学:腹八分目が得

むちゃ食い症候群というか障害があり、毎食満腹まで食べると、食べ物の中毒になる可能性があります。

むちゃ食い症候群(満腹中毒)は、満腹以上に食べないと満足感を得ることができなくなります。

満腹中毒を改善することは相当大変で、アメリカではフードアディクション(食物依存症)という言葉があり、食べても食べても満腹感(満足感)が得られないという人が多く、薬物依存症と同じで、食べることを絶たなければいけません。

ちなみに、腹八分目で止めると、高度な脳領域を高めることにつながるので良いことです。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ