女子にモテる!憧れのモデル体型!成長期に身長を伸ばす効果的な方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「背が高いとスタイルが良くてカッコイイ」「高身長の男性に憧れる」「友達に自慢できる」など、自分には無いものを持っている高身長な男性が好きな女性は多く、男子は是が非でも身長を伸ばしたいところです。

女子も「どんな服でも似合う」スレンダーなモデル体型に憧れている子も多いでしょう。

しかし、身長が伸びる期間は限られており努力しないと、「高身長でモテモテの俺」「モデルのような可愛い私」という将来は偶然にはやってきません。

そこで、そんな夢を叶えるために成長期(思春期)で実行する、身長を伸ばすための効果的な方法についてまとめました。

スポンサーリンク

骨に刺激を与えるために「全身運動をする」

身長を伸ばす運動といえば、「ジャンプ運動」をするバレーやバスケ、縄跳びなどが良いとされていますが、これには「鶏が先か、卵が先か」という問題があります。

つまり、バレーやバスケは、身長が高いことが有利に働くスポーツで、身長が高い人が集まりやすいためか、ジャンプ運動で骨が刺激されて、身長が伸びるスポーツなのかということです。

結論としては、ジャンプ運動をすることで「骨端線」への刺激となり、成長ホルモンが分泌することで、身長が伸びると言われていますが、実際はどんな運動でも骨は刺激され、むしろ「全身運動をした方が身長は伸びる」のです。

なので、身長を伸ばすために、バレーやバスケ、縄跳び、ジョギングなど、ジャンプ運動にこだわらずに、成長期に好きな運動を継続することで、身長が伸びやすくなります。

ちなみに、無酸素運動と有酸素運動では、どちらも成長ホルモンが出るので問題ないのですが、どちらも激しく疲労しない程度に運動をすることがコツです。

身長が伸びる食べ物を摂取する

骨に良いカルシウムを摂取するために、牛乳を飲むと身長が伸びるなんて昔から言われていますが、実際に身長を伸ばすにはカルシウムだけでは不十分です。

身長の伸ばすのに必要な4つの栄養素「タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛」です。

特に身長を伸ばすためには、体の細胞の材料となるタンパク質を多く摂取することが重要です。成長期は骨以外にも体が大きくなるため、1日3食しっかりと牛肉や豆類、卵、乳製品などからタンパク質を摂取しましょう。

また、特に日本人はマグネシウムや亜鉛が不足しがちなので、意識して摂取する必要があります。

世界一身長が高いオランダでは、身長を伸ばす栄養素を全て含むじゃがいもが主食で、チーズを中心に乳製品も多量に消費したり、水も硬水でミネラルが豊富なので、身長を伸ばす栄養素も十分に摂取できているのでしょう。

関連記事

牛乳だけ飲んでも身長は伸びない!骨の形成に欠かせない栄養素

成長ホルモンを増やす栄養とサプリメント紹介!

空腹になってから食事をする

食事をするタイミングを変えるだけでも、身長を伸ばす効果があります。

身長を伸ばすために分泌を即したい成長ホルモンは、血糖値が低い空腹の状態だと多量に分泌し、血糖値が高いと分泌量が減ります。

そのため、お腹が減っていないのに、食事の時間になったから食べたり、小腹が空いたからと間食をすると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので、空腹になってから食事するようにしましょう。

「睡眠の時間」と「睡眠の質」を意識する

「寝る子は育つ」と昔から言われますが、科学的にも睡眠時間と身長の高さには相関があり、睡眠時間と睡眠の質を良くすることは、身長を伸ばすために最も重要です。

というのも、睡眠中の成長ホルモンの分泌量は、起きている時の約3倍あり、1日の中で最も成長ホルモンの分泌量が多いからです。

睡眠中で最も成長ホルモンが分泌される時は、寝入ってから3時間後ぐらいのノンレム睡眠(深い眠り)の時なので、睡眠の質を高めて起きないようにすること重要です。

また、血糖値が高いと成長ホルモンが分泌しないので、寝る前には食事をしないようにしましょう。

性ホルモンの分泌期間を遅らせる

成長期には性ホルモンも多量に分泌され、男女共に性ホルモンの働きで大人の体へ変化していきます。

ただ性ホルモンには、成長ホルモンの分泌を活発にする働きがあり、身長の伸びを加速する効果があるのですが、それと同時に骨を固めて成長を止めるしまう(骨端線の細胞分裂を止める)働きがあります。

(※具体的には、女性ホルモンであるエストロゲンが骨の成熟に関係しており、男性よりも女性の身長が低いのは、女性の方がエストロゲンの分泌量が多く、成長が早く止まるからです。)

つまり、性ホルモンが早く分泌すると、身長は伸びますが成長は早く止まってしまうのです。

そのため、身長を高くするには、性ホルモンの分泌を遅らせて、身長が伸びる期間を長くすることが重要です。

性ホルモンの分泌を抑制する働きがあるのは「メラトニン」というホルモンです。

メラトニンは光によって分泌量が変わるホルモンで、昼間日光を十分に浴びて、夜になってからは強い光をできるだけ浴びない生活をすると分泌量が増えます。

身長を伸ばす妨げとなる行動も知ろう!

今回は「身長を伸ばす効果的な方法」について紹介しました。

身長を効果的に伸ばすには、ホルモンのコントロールを意識しつつ、規則正しい生活をして、身長を伸ばすための栄養素をしっかり摂取することが重要のようです。

また、せっかく身長を伸ばそうとしているのに、ある行動が原因で思った以上に身長が伸びてくれないということもあります。

そのため、身長を伸ばす妨げとなる行動を知ることも重要です。

長身女性の悩みを解決!伸び続ける身長を止める方法

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ