元気で健康でいるために腸内細菌について知ろう!

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今ではヨーグルトに含まれる乳酸菌がインフルエンザに効くと、当たり前に知られるようになりました。この身体に良い乳酸菌などの菌は、食べることで腸内で働いてくれます。

人の腸内で働く菌を腸内細菌と言います。この腸内細菌はインフルエンザを撃退する以外にも、精神的、身体的な健康に大きく関わっているようです。

スポンサーリンク

腸内細菌とは

人の腸内には細菌が約3万種類、約1000兆個以上生息していることがわかっています。

腸内細菌は人が摂取した栄養の一部をエサにして生活をしており、他種類の細菌との間で数のバランスを保ちながら集まって生息しています。この細菌群が集まる生態系を「腸内細菌叢(草むら)」または、「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれています。

生きているので寿命も当然あります。たとえば乳酸菌だと3〜7日ほどで死んだしまい、その死骸はウンチとして排出されます。そのため、腸内細菌を補充する必要があり、発酵食品など腸に良い食事をしたほうが良いのはそのためです。

良好な腸内環境とは

腸内細菌は大きく分けて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けています。それぞれの働きは、体に良い働きをするものを善玉菌、体に有害なものを悪玉菌、まだ性質が分かっていない未知の菌も含み、善玉菌と悪玉菌の勢力が強いほうになびく 日和見菌です。

健康な人の腸内環境は、「善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%」で、善玉菌を悪玉菌よりも優位に保ち、日和見菌を味方につけることが、人の健康を保つ秘訣です。

善玉菌の働き

代表的な善玉菌といえば、乳酸菌、ビフィズス菌、麹菌、酵母菌などがあります。善玉菌は人にとって良い働きをしてくるもので、その働きは以下です。

  • ビタミンを合成する
  • 体に重要なホルモンや酵素を合成する
  • 免疫力を高める
  • 免疫システムを調節して、花粉症やアトピーなどのアレルギー反応を抑える
  • 体内を酸性に保ち有害菌の感染症を予防する
  • コレステロール値を調節して動脈硬化や心筋梗塞のリスクを下げる
  • 老化防止
  • 太らない体になる

このように善玉菌の働きによる健康効果は多岐にわたっており、身体の重要な働きを補助するものばかりです。精神的、身体的に調子が悪いと感じたときは、善玉菌にとって良い腸内環境を作ることで改善するかもしれません。

悪玉菌の働き

代表的な悪玉菌は、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、有毒な大腸菌などがあります。悪玉菌は体に有害な働きをしますが、その働きは以下です。

  • タンパク質やアミノ酸を分解して、アンモニア、硫化物、アミンなど腐敗させて有害物質を作る
  • ガスを発生させる
  • 発がん性物質になる
  • 善玉菌の働きを阻害する
  • 便秘になる

腸内環境が悪玉菌優位だと、現代の三大疾病である「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」などのリスクが高まります。また天然の精神安定剤であるセロトニンの分泌も少なくなり、精神疾患にかかるリスクも高まります。

悪玉菌優位の簡単な見分け方は、オナラがかなり臭くなったり、ウンコの状態が悪い(色や水分量など)といったことで分かります。そう感じたなら腸内環境を改善するようにしないといけません。

まとめ

菌の働きが分かっていないものもあり、健康にどこまで効果があるか不明です。しかし、分かっている菌だけでも人間の健康への影響力はかなりあると考えられます。

そのため精神的にも身体的にも健康を維持するには、善玉菌を悪玉菌よりも優位に保つことが必要です。そして、腸内環境を変えるには食生活を変えないといけません。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ