LOVE理論/水野敬也

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

今回この「LOVE理論」を買って読んだのは、同じ水野敬也さんが書いた「スパルタ婚活塾」がかなり面白い内容だったためです。

「スパルタ婚活塾」は女性版の恋愛本だったので、男性版の「LOVE理論」はどんな内容が書いてあるのだろうと興味本位で買ってみました。

読んだ感想は、相変わらず冗談や下ネタを交えつつ、水野敬也さん独自目線の「LOVE理論」が数多く書かれている面白い内容でした。

ただ「スパルタ婚活塾」は男性が喜ぶことが書かれていたので、共感する部分が多かったのですが、「LOVE理論」は女性が喜ぶことが書かれており、効果のほどはわかりません。

しかし、最初に発売された「LOVE理論」が女性に人気であることが「スパルタ婚活塾」の冒頭で書かれていたので、「少しは効果があるのかなぁ?」と思っています。

今回は私が女性と付き合った中で、共感できる部分を「LOVE理論」の中から紹介しようと思います。

スポンサーリンク

LOVE理論1:女が思う優しさと、男が思う優しさは全然違う

女性に「理想のタイプはどんな人?」と質問すると、「優しい人がタイプ」という答えがかなりの確率で返ってきます。

その答えを聞いて、男性は「内面の優しい男がいいのか」と勝手に解釈しがちですが、LOVE理論では、女は男性の「内面の優しさ」なんぞ見とらんそうです。

女性が求めているのは、英国紳士のような気が効く「表面上の優しさ」です。女性によっては「表面上の優しさ」をキモいと思う人もいるかもしれませんが…。

LOVE理論では、女性が男性に求めがちな「表面上の優しさ」の行動を55通り紹介されています。

私も女性に「優しさって何?」と質問することがありますが、「道路側を歩いてくれる」「重い荷物を持つ」とか、大体が表面的な優しさが答えとして返ってきます。

また「タイプはどんな人?」と聞くと、優しい人、怒らない人、怖くない人、面白い人など、曖昧な答えが多く、全体的に自分に危害を加えず、面倒くさくない相手、無難な相手を指すことが多いのです。

イケメンなど明確な答えではなく、◯◯な人が好きという曖昧な女性のタイプは鵜呑みにしなくても良さそうです。

LOVE理論2:大変じゃない?理論

大変じゃない?理論とは、お酒を飲む場で、女性に「仕事、大変じゃない?」と質問して、女性の愚痴を引き出しながら、進んでお酒を飲んでもらい、最後までいくというものです。

私はお酒が飲めないので、「使えねぇ〜」と残念に思いましたが、以下のことを踏まえるとお酒以外の場でも使える良い方法だと思います。

それも女性は男性に比べて、幸せホルモンであるセロトニンの量が少ないので、イライラしやすく、不安にもなりやすい生き物です。

そのため、男性よりも不満がたまりやすいですし、愚痴も多いはずです。

この女性の特徴を捉えた「大変じゃない?理論」は、女性と仲良くなるために汎用性が高い方法だと思いました。

LOVE理論3:恋愛における最も重要な格言

LOVE理論の中で、恋愛で重要な格言が書かれています。

「女は好きな男とセックスするのではない。セックスした男を好きになる。」

これを聞いて、いろいろと反論があるかもしれませんが、私は真実をついた答えではないかと思います。

というのも実際にあった話で、私が知っている女性は、何とも思っていなかった男友達と、良い雰囲気になって成り行きでセックスしました。その後、セックスした男友達のことが好きになって付き合いました。

生物学的にも、女性の目的は「子供を産んで、育てること」なので、セックスをした男性を好きになるように動機付けされるのかもしれません。

ただし当然ですが、女性の合意の上での関係でないといけません。女性の合意がなく無理やりセックスしても絶対に女性の心は振り向きませんし犯罪です。

また、誰とでもセックスするヤリマン女は、全く効果がないと思われます。もっとも、ヤリマン女を彼女にしようと思う男性はいないかもしれませんが…。

LOVE理論 まとめ

本書「LOVE理論」の中で、特に納得したものを紹介しました。

今回紹介したLOVE理論以外にも、著者の水野敬也さんが独自に考えた、たくさんの恋愛理論が紹介されています。

ネタとしても面白い本なので、よかったら読んでみてください。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ