就活と転職活動する人が自分の好きなことを仕事にした時の5つのメリット

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

人生の大半の時間を費やして働くなら、自分の好きなことを仕事にして働きたいと思うのは自然な考えですが、様々な理由で自分を納得させて、やりたくもない仕事を選んでしまう人も多いです。

例えば、夢を追いかけて失敗するリスクを考えて諦めてしまう、好きなことで生計を立てられない、親に反対される、世間体を気にするなどです。

でも、最近では転職者も増えており、転職理由で一番多いのが「他にやりたい仕事がある」からだそうで、やっぱり好きなことを仕事にしておけばよかったと後悔する人も多いようです。

なので、一度だけの人生で後悔しないためにも、自分の好きなことを仕事にするメリットとデメリットは把握して、就職や転職を考える判断材料にしていきましょう。

今回は自分の好きなことを仕事する5つのメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

モチベーションが上がり、自発的に行動する

大好きなことをしている自分を想像してみてください。

好きな歌手・アイドルの歌を聴いていると気分が高まり、自然に笑顔が溢れます。そして、ライブで生演奏を聴きたいと思うし、新曲が出たら必ず聴いてみたいと思うでしょう。

面白いゲームや好きな趣味をしているとき、もっと腕を磨いて上手くなりたい、もっと深く知りたい、すべてコンプリートしたいと思います。

このように、好きなことをすると自然とモチベーションが上がり、「自分はこうしたい」と「もっとこうすれば上手くいく」と自発的に考えて行動するようになります。

好きなことを仕事にした時も同じように、モチベーションが上がり、自発的に行動することができます。

成長が早く、持続して才能を磨ける

好きなことのことなら自発的に学び、すごい集中力と記憶力、普段はない行動力を発揮できることは誰でも経験はあるのではないでしょうか?

例えば、スポーツが好きの人は、選手の名前、得意技、成績、チームの戦略など、普通の人には記憶できないような膨大な情報を記録したり、頭に記憶している人もいます。

これは、好きという強い感情が記憶力に関係する海馬という脳部位を強く刺激して、これは必要な情報だと判断して記憶に残りやすくなるため、すごい集中力と記憶力を発揮しています。

このように、好きなことに関しては、もっと知りたいと自発的に情報を集めて記憶してり、普段はしない行動や集中力を発揮するので、普通よりも早く成長することができます。

そして、好きなことは他人との競争ではなく自分自身が納得することが重要なので、自分に厳しくサボったり、手を抜くこともないでしょう。

また、失敗しても問題を見つけて改善することができ、持続して努力を続けるため「誰も手の届かない才能・スキル・独創性」を磨くことができます。

仕事では競争力がないと生き残れません。好きなことを仕事にすれば、他人よりも成長が早く抜きんでる可能性が高く、プロフェッショナルとして必要とされる人間になれるでしょう。

魅力的な人間に見える

嫌いな仕事をしていて不満やストレスが溜まっている人は、いつも憂鬱な表情だったり、険しい表情をしてイライラしていることが仕事中は多い可能性があります。

そのため、他人から良い印象を受けないので、周りから嫌煙されてしまいます。

好きなことが仕事の人は、情熱的でやる気に満ちており、仕事はプロフェッショナルで、人にはない独創性を発揮します。そして、仕事を楽しんでいるので、笑顔も多いでしょう。

このように仕事に一生懸命な人は、他人からの受けが良く、仕事で信頼され頼りにされたりします。また、周りにも良い影響を与える可能性もあります。

成功する可能性が高い

好きな仕事をしたからといって、必ず成功できるかというと、そんなに甘くはないでしょう。しかし、成功する可能性は高いのも事実です。

なぜなら、今まで紹介してきたとおり、好きなことをすることで自分の能力を高める効果があり、嫌いな仕事をしている人よりも優れた結果を残せるからです。

また、好きなことがある人は、やりたいことや将来の目標が明確にある可能性が高いので、転職をしたり、独立しても成功する可能性が高いと思います。

ストレスの影響を受けない

「ストレスは健康の敵だ」「ストレスがある職場はイケない」と思っている人も多いでしょうが、全てのストレスがそうではありません。

スタンフォード大学の心理学者であるケリー・マクゴニガルによると、「ストレスは健康に悪いと信じている人」と「ストレスは健康に何の害もないと信じている人」では、重度のストレスが原因で死亡する確率が、後者の方が非常に低いということが研究で分かりました。

つまり、ストレスの良し悪しを決めるのは人の信念であり、「ストレスは自分を成長させる良いもの」「ストレスを感じた時ワクワクする」と思うことが人生を豊かにしてくれるとのことです。

「好きなこと・嫌いなこと」どちらもストレスはあります。

しかし、好きなことをしていると「もっと頑張ろう!」「負けないぞ!」と、ストレスをポジティブに捉えることができるので、ストレスを味方につけることができます。

好きなことを仕事にするデメリットも知っておこう!

好きなことを仕事にするメリットは理解できたでしょうか?

好きなことを仕事にすることは、多くの人が望むとおり良いことのように思えます。

しかし、好きなことを仕事にするデメリットもあります。

就職や転職を考えている人はメリットとデメリットの両面を知ってから判断材料にして、天秤にかけてみてはいかがですか。

【関連】仕事選びで「好きなことで生きていく」と決断する前に知るべきデメリット

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ