衝動的にならないために自制心を発揮させる方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

感情や欲求をうまくコントロールできずに、いつも衝動的になってしまうと悩んでいる人も多いと思います。

仕事や勉強に集中したい、暴飲暴食をなくしたい、たばこをやめたい、ダイエットを成功させたい、目標を達成したいと思うけどできないという人は、自制心がうまく発揮していないかもしれません。

多くの研究で明らかになっていることですが、忍耐力がある、自制心がある人は、どんなことでも我慢強く、持続した努力をすることができるので、成功する可能性が高いということです。

衝動を抑えて自分をコントロールしたいという人は、以下の方法をまず実践することで、自制心を発揮することができるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

6時間未満の睡眠を避ける

睡眠時間が6時間未満の人は、ストレスや欲求や誘惑に負けやすくなり、衝動的に行動するようになります。

なぜ睡眠不足が自制心を低下させるかというと、睡眠不足で疲れていると、体や脳の主要なエネルギー源であるグルコースが細胞に吸収されず、エネルギー不足となるためだそうです。

そして、疲れていると体や脳がエネルギーを欲しがりますが、食べ物や飲み物で糖分を補給しても、効率よく使うことができないので意味をなさないようです。

また、睡眠の専門家によると、睡眠不足は軽度の酩酊状態と同じ状態であるそうなので、この状態では自己コントロールを発揮することは困難でしょう。

空腹を満たす

あなたは空腹を感じると、イライラして落ち着きをなくしたり、思考が鈍ったり、衝動的になりやすくなったりした経験があると思います。

ある研究によれば、現代人は空腹のとき危険を冒す傾向が高まり、目先に利益を追い求めるようです。なので、危険な投資に手を出したり、浮気に走りやすくなるそうです。

人が自制心を発揮するためには、脳が大量のエネルギーを必要とします。空腹となることで、脳を働かせるためのエネルギーがなくなり自制心が弱まります。

食べる物を工夫する

疲れているとき、頭を使ったとき、イライラしているときなど、糖分が欲しいと思うことがあると思います。糖分を摂取して、一時的に自制心や意志力をアップさせて、それらを抑えることができますが、長い目で見るとあまりいい方法ではないようです。

多量の脂肪分や糖分を使ったジュースやスイーツ、揚げ物などの高カロリーな食品は、ストレスを感じると食べたくなります。でも、このような食事を続けると、自制心が全く効かなくなるのです。

なぜなら、高カロリーな食品を食べると、血糖値が急に上がったり下がったりします。これにより、体と脳が糖分をきちんと消費できなくなり、自制心に必要なエネルギー不足になってしまうようです。

心理学者や栄養士が推奨しているのが、「低血糖食品(低GI食品)」と言われるものです。低血糖食品を食べることで、血糖値を一定に保つことができ、自制心を持続させることができるようになるのです。

ストレスを回避して、リラックスする

ストレスを抱えていたり、ネガティブになって憂鬱だったりすると、脳と体がうまく連携しないため、自制心が働きません。

なので、ストレスを緩和する方法を学んだり、ネガティブ感情をうまくコントロールする方法を知り対処するようにしましょう。

また、心と体をリラックスして休息を取るようにしましょう。ここでいうリラックスとは、テレビを見てとか、パソコンを見て、漫画を読んではありません。本当に何もしないことです。

良い方法は、楽な体制で寝て、体の力を抜きます。そして、目を閉じて何もせずに、深呼吸を5分から10分続けるという方法を取るといいようです。

関連記事:自信を持つために必要なネガティブ感情に対処する方法

エネルギーの節約をする

人間の脳には、つねに少量のエネルギーしか蓄えられていません。なので、大部分のエネルギーを血液の中をめぐっているグルコースに頼っています。

グルコースが大量にある場合、脳はエネルギーを大量に消費していますが、エネルギー量が減り出すと節約するようになります。

つまり、自制心は大量のエネルギーを使うので、脳はエネルギーが減ってくると自制心をなくして、エネルギーを節約するのです。

なので、エネルギーを無駄遣いして、肝心なときに自制心が働かないことがないように、エネルギーを節約するようにしましょう。

具体的には「たくさんのことをやらない」ことです。睡眠時間を削って、テレビを見たり、SNSを見たり、ネットサーフィンをしたりするとエネルギーを消耗して、さらに寝不足でエネルギー補給もうまくいかないという悪循環になります。

そのほかにも、ダイエットをしている人は、運動をして、食事制限もしてとやると、すぐに自制心が切れてしまい、ダイエットが長続きしません。まず、運動を習慣化することから始めると、同時進行でやるよりは、ダイエットを長く続けることができます。

まとめ

自制心を働かせるには、まず生活習慣を改善して、規則正しい生活をすることで、心と体を正常な状態に保つことが一番のようです。

日頃から、衝動的になりやすく自制心がないと感じている人は、この記事に書かれていることを実践してみると、改善するかもしれません。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ