子供が自信をなくさないための親の態度と子育て法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

子供がいろんなことにチャレンジして、失敗しても自信をなくさず、また頑張らせるには、親はどういう態度をとればいいのでしょうか?

今回は子供が失敗したときの対応方法や、自信をなくさないようにするために、親が取るべき態度と子育て法について紹介していきます。

スポンサーリンク

条件付きで愛さない

親だったら子供の成功を願うものですが、子供が失敗したときに、子供が失敗したことを叱ったり、不機嫌な態度で子供に接したりしていませんか? 逆に成功したら、機嫌を良くして、子供にご褒美をあげるという接し方をしていますか?

子供が何かにチャレンジしたとき、失敗か成功をしますが、行動の結果の良し悪しで、親の気分や態度がコロッと変わってしまうと、子供が失敗をしたときや、不測の事態にあったときに大きく動揺して、失敗を恐れるようになります。

このように「条件付きの愛情」は子供のためではなく、むしろ親自身の願望であるので、そういう接し方はしない方がいいでしょう。

また、アドラー心理学では

叱られたり、褒められたりして育った人は、叱られたり、褒められたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を敵だと思うようになるのだ。

      引用:アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

つまり、親が条件付きで愛情を注げば、子供の自主性も奪ってしまうのです。

子供には「無条件の愛情」を注ぐようにして、成功したら喜んであげる、失敗したら非難したり、態度を一変させるのではなく許してあげる。どんなときも愛情を持って接することが大事です。

言動が首尾一貫している

子供は親のことをすごく観察しており、親の背中を見て学び、やっていることを真似するようになります。なので、親の行動、考え方、マナーのような社会常識、両親のお互いの接し方、親が他人と接する態度などに気をつけることは必要です。

そして、もう一つ重要なことが、親の言動に一貫性があることです。言っていること、やっていることに矛盾があると、何が間違っていることで何が正しいのか理解できず、子供が混乱します。この混乱によって自分の判断や行動が正しいことだと、自信を持つことができなくなります。

大人にとっても難しいことですが、親自身が成長して、普段から首尾一貫した言動を心がけることが重要です。

子供に勇気づけて見守る

子供が失敗をしたとき、「よく挑戦して頑張ったね。失敗しちゃったけど、次はきっとうまくいくよ!」勇気付けてあげましょう。

子供を勇気付けたり、褒める時は、行動したことやプロセスを褒めるといいようです。たとえば、「チャレンジしたこと」「辛抱強く頑張ったこと」「努力したこと」を褒めるようにしましょう。

また、子供に失敗させないために、どんな障害も取り除いてあげようとする親がいます。このような行動をする親は、子供が自信をなくさないためにしているのかもしれませんが、それは本末転倒です。

人間は必ず失敗します。子供が大人になっても失敗するので、親が障害を取り除いてしまうと、子供は問題を解決することができない大人になります。

なので、親は子供ができないことをやってあげるのではなく、何もせずに子供の失敗を見守ることが大事です。そして、失敗したらうまくできない理由を考えさせて、必要なら解決のヒントを与えて、またチャレンジさせることです。

人生の先輩になる

学校や塾では勉強を教わりますが、それ以外のことは親が教えないといけません。たとえば、「友達や恋人の作り方」「他人に好かれる方法」「他人とうまく付き合う方法」「社会常識」「交渉術」「問題をどう解決するか」「人生で成功するには」「家事全般」など多岐に渡ります。

親は人生で得た知識や経験、教訓、考え方など、人生を円滑に運ぶように、人生の先輩として子供に教えてあげましょう。特に「他人との関わり方」は、失敗することが多く、自信をなくしやすいので、ちゃんと教えないといけません。

また、頑張って努力すれば、どんな夢でも叶うという嘘、個人の能力には限界があるということなど、子供に夢想ばかりさせるのではなく、現実を教えてあきらめないといけないものがあることを教えないといけません。でも、子供に厳しさを乗り越える覚悟がある場合は、応援してあげましょう。

まとめ

仕事の後輩をうまく教育することも難しいですが、それ以上に子供に教育することは、生活のすべてなので、かなり大変なことでしょう。

完璧な人間なんていないし、完璧な親もいません。今回書いた記事の内容を最初からできる親もいないでしょう。でも、子供と同じで、親も努力して少しずつ改善していくことが大事です。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ