みんながアーティストを目指す理由 開放性が有利に働くときとは?

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

開放性のスコアは、あらゆる種類の文化的、芸術的活動にどれほど関わっているかを強く予測するものです。

人によっては、このような活動に全く興味がない人がいる一方で、読書をしたり、絵を描いたり、音楽活動をしたり、映画、劇、美術館などに熱心な人がいます。それも、一つのことだけでなく読書も絵も音楽もです。

このように文化的な活動を好むのには、生物学的な理由があるはずです。今回はそのことについて触れていこうと思います。

スポンサーリンク

すぐれた文化人は得をする

開放性が高いことで、生物学的に何が得なのでしょうか? この疑問について専門家は2つの答えがあるのではないかと考えています。

ペンは剣よりも強し

人が他人に何かを伝えるときに、自分が直接話すこと以外にいろいろな方法があります。それは、小説を描いたり、メールなどの文章だったり、映像や音楽、絵を描いて表現したり、写真を撮って画像を見せたりとさまざまです。

自分が相手に直接話すだけだと、その人にしか伝えることができませんし、自分が見たもの話すとき、画像を見せたほうが言葉よりも伝わります。

開放性のスコアが高い人は、スコアが低い人よりも、言葉の豊かさがあるうえに、自分が伝えたり何かをさまざまなやり方で表現することが上手く、すぐれた伝達能力があります。なので、多くの人たちの関心を手にでき、自分の意見や考えを受け入れさせることができる説得上手な人です。

現代のような文化が発達した社会では、肉体的な強さで他人を押さえつけるよりも、豊かな言葉で多くの人たちを引きつけることができ、自分にとって有利に働きます。

つまり、すぐれた文化人でいることで多くのステータスを手にすることができるのです。「ペンは剣より強し」です。

単純にモテる

中学生になると急に音楽に目覚めて、楽器を始めてバンド活動をする人たちがいます。動機はさまざまだと思いますが、理由で多いのはカッコイイからだと思います。

楽器演奏が上手く、バンド活動をやっている男子は女子にモテます。私の通ってた学校でもそんな人がいました。あなたの学校でも同じではないでしょうか?

大人になってもそれは同じで、歌って踊れるアイドルやアーティストは多くの人の支持を得ることができます。

つまり、開放性のスコアが高い人たちは、優れた表現力を使って、多くの人を惹きつけ、多くの人とセックスできる機会を得ることできるということであり、多くの子孫を残すことができるのです。

このことを裏ずけるように、開放性のスコアが高い人について調査が行われた結果、プロの画家や詩人は、趣味で活動している人や芸術活動をしていない人にくらべて、一生のうちに関わる性的パートナーが明らかに多かったそうです。

まとめ

開放性が高いことが有利か不利かは、社会的状況によって大きく左右されると思います。

現代のように比較的安定していて、恵まれた環境にいるなら芸術的で人々を楽しませることが求められるかもしれません。

しかし、戦争のような生きるか死ぬかの状況では、人々を楽しませる人よりも現実的に問題を解決しようとする人の方が求められるでしょう。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ