性格を決める要因は、遺伝が50%も影響している!?

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

あなたは自分の性格が好きですか? 嫌いですか?

一般的に性格はその人がいる環境によって左右されると思われていますが、実際は違っていて遺伝による影響が大きのです。

このことは行動遺伝学の研究によって明らかになりました。今回はパーソナリティ(性格)を決める要因が遺伝子にあるという根拠を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

一卵性双生児での実験

行動遺伝学のすぐれた研究成果によって、パーソナリティ(性格)の特性に遺伝性の構成要素があることが一貫して示されており、パーソナリティにおける遺伝による影響は全体のおおよそ50%だと言われています。

こんな結果がわかったのは、一卵性双生児と二卵性双生児の子供たちに協力してもらった比較実験の結果によってわかりました。

遺伝による影響は何パーセントか?

一卵性双生児の二人の場合と、二卵性双生児の二人の場合も家族の環境は同じで、同じ両親を持っており、同じ時期に生まれ、同じ家庭で育ちます。

このようにすべての育った環境の条件が同じ場合に、パーソナリティの構成要素を決める要因となるのが遺伝以外になくなります。

一卵性双生児と二卵性双生児では、遺伝による影響は一卵性双生児は100%遺伝子を共有しており、二卵性双生児は50%の遺伝子を共有しています。

この条件でパーソナリティを分析して、一卵性双生児と二卵性双生児の双子のパーソナリティを見ると、一卵性双生児の方がはるかに似ています。これは三倉茉奈さんと三倉佳奈さんのような双子をテレビで見ていればわかることですよね。

このような実験を多くの双生児の子供を対象に繰り返して、統計値を出すとパーソナリティによる遺伝の影響はほぼ50%という結果になります。

違う環境で育つとどうなる?

パーソナリティに違いがでる要因を調べるのに、幼い頃に別の家庭に養子に出された場合を調べた研究があります。一卵性双生児、二卵性双生児、非双生児同士のそれぞれの場合による研究です。

パーソナリティは遺伝による影響が50%あるという行動遺伝学による統計値の結果が前提にあり、それを裏ずけるための研究でした。

結果は、一卵性双生児の場合、一緒の家庭環境で育てられた時と同じように、別々の家庭環境で育てられても、パーソナリティが似ているという結果でした。

二卵性双生児の場合は、一卵性双生児よりは似通い方が少ないという結果です。

非双生児の場合は、たがいに会うこともないか、一度も会ったことがないにもかかわらず、実の兄弟でのパーソナリティが似ていました。また、義理の兄弟でのパーソナリティの比較では、他人同士のパーソナリティと同じで相関関係はありませんでした。

まとめ

性格を決定する要因は遺伝が50%であることが、行動遺伝学の研究でわかりました。

では、残りの50%はどんな要因なのでしょうか?家庭環境?教育?社会状況? そんなことを次回は記事にしようと思います。

一般的に信じられていることが、本当は違うということに驚くと思います。楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ