口下手・話し下手の悩みの原因となる共通した特徴

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

話したいことが上手く言葉にすることができない。会話を続ける自信がない…など、口下手・話し下手が原因で悩んでいる人も多いようです。

そんな口下手・話し下手の人には共通した特徴があります。この無意識に行っている特徴的な行動が、周囲に悪い印象を持たせて、悩みの原因になっているかもしれません。

今回は口下手・話し下手の人が無意識にやっている共通した特徴についてまとめました。

スポンサーリンク

自分に自信がない

口下手・話下手の人は、自分に自信が持てない人が多いです。

自分に自信がないと、悩みを多く抱えてしまい、気分も落ち込んですまうので、積極的に会話に参加できなかったり、周りの目を気にしたり、失敗を恐れたりして、言葉が上手く出てこなくなり、ネガティブな印象になってしまいます。

また、ネガティブな印象がある人は、周りから気を使われたり、話しかけづらいと思われてしまうので、周囲から距離を取られてしまうことも。

そういう状況になると、口下手・話下手に話を振ってくれたり、じっくり会話をしてくれる人もいないので、ますます自信がなくなって、負のスパイラルに陥ってしまいます。

質問に答えるだけで、会話を繋げる努力をしない

会話はキャッチボールだとよく言われますが、口下手・話下手の人は、投げかけられた質問に答えるだけで、言葉のキャッチボールをしません。

例えば、「◯◯って美味しいですよね?」「◯◯って面白いですよね?」など、話を振ってもらったときに、「そうですね」「わかりません」「よく知りません」としか返答しないので、会話が全く続きません。

このように口下手・話下手の人は、周りから質問されたときに「はい」「いいえ」としか答えず、会話を繋げる努力を怠っているので、会話を止めるのはいつもこの人です。

知らない話題だとしても、「よく知らないんですけど、どんなものですか?」と、会話を繋ぐ一言を足すだけで、大分マシになるので実践してみましょう。

素を隠し、気をつかい過ぎる

相手に配慮した話し方をすることは、決して悪いことではありませんが、気をつかい過ぎることで、かえって逆効果になる場合もあります。

例えば、仕事場では、上司や先輩、来客などに気をつかい、失礼が無いように会話をする必要がありますが、同期や後輩にまで同じような態度をとる人もいます。

これは、口下手・話下手の人は、相手の機嫌を損ねて自分が傷つかないためや、他人からの評価を気にするため、素の自分を隠すために、言葉を選んで当たり障りのない敬語で会話するためです。

誰でも両親や兄弟、友達と会話するときは素で、くだけた話し方をすると思います。これは相手との心の距離感が近いためにできることです。

逆を言えば、くだけた話し方をすることで、相手との心の距離を縮めることができるので、気をつかい過ぎないようにしてみましょう。

上手く話そうと考え過ぎる

特に内向型人間に言えることですが、会議など複数人と会話中に自分が話すよりも聞き役になることが多いです。

これは内向型人間が、物事を用心深く観察して、考えをまとめてから話すためです。また、話す内容も他の人よりも、深い内容を話すことが多いです。

外向型人間にとっては、内向型人間は「謎めいた存在」で積極的に発言しないので、無口で、何か隠しているように見えたり、自信が無いように見えたりするようです。

また、下記している「会話中の反応が薄く、話しづらい」というのも、内向型人間に多い特徴でもあります。

関連記事

「口下手で人見知り?」 誰も知らない内向的な人の特徴(内向型人間)

会話中の反応が薄く、話しづらい

口下手・話下手の人は、「はぁ…」「まぁ…」「ふーん…」「へぇ〜…」など、感情が乏しく、曖昧な返事をすることが多いです。

「相づち」「リアクション」の反応が薄いと、話し手も調子が狂ってしまい、「この人と話しづらい」と感じてしまい、話していても面白くなくなります。

さらに、相づちやリアクションなどの反応が薄いと、相手がちゃんと聞いているのかわからないし、自分の話を楽しんでいないように見えて、興味や関心がない話題だと思われ、会話が途中で終わってしまうことが多いです。

話し手は反応が薄い人と話すよりも、会話に食いついく反応が良い人と話をした方が楽しいので、会話の反応が薄いことで周囲から話しかけてもらえなくなってしまいます。

基本的な会話力や会話術の不足

口下手・話下手の人は、日常会話でも苦痛と感じる人で、他人と一緒だと会話をしなければいけないため、独りでいることが多いです。

独りが多いため会話をする機会も少ないので、口下手・話下手の人は、他の人よりも基本的な会話力や会話術が不足しがちです。

こんなことでは、ますます口下手・話下手に拍車がかかってしまうので、自分で会話の練習をしたり、会話をする機会を作る必要があります。

トークが上手い芸人も、テレビで話すエピソードトークの練習を何回も行うそうなので、やはり口下手・話下手を改善するには努力が必要です。

性格改善も視野に入れよう!

口下手・話下手の人の性格は、内向型人間と神経質傾向(情緒不安定)が強い人の性格特性が合わさったものです。

例えば、内向型人間は、ポジティブ感情(快感情)をあまり感じない人で、物事を深く考える傾向があり、神経質傾向が強い人は、傷つくことを恐れて、自分に自信が持てないという傾向があります。

この2つの性格を改善することで、他人と関わることが好きになり、口下手・話下手も改善していくのではないかと思います。

なので、口下手・話下手を改善したい人は、会話力を磨く努力をするとともに、性格改善も視野に入れてみましょう。

関連記事

人見知り・内気な性格の人が「口下手・話下手」を改善する方法

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ