ポジティブになる方法とは楽しむこと!?

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ネガティブにならない方法をマスターすると、次はポジティブな感情を呼び起こすことで、あなたはポジティブな人になれます。

しかし、ポジティブになりやすい人もいれば、そうでない人もいます。そもそもポジティブになりやすいかどうかは、遺伝による性格の問題で、その影響は一生あなたに付きまといます。

特にすごく内向的な人は、ポジティブ感情に対する反応性が悪い人で、ポジティブになりにくい人です。なので、常日頃から意識的に自分をポジティブになれるように努力する必要があります。

ではどんなことをやればポジティブになれるのでしょうか? 今回はそのことについて紹介しようと思います。

関連記事:自信を持つために必要なネガティブ感情に対処する方法

     外向性と内向性の違いが出るのはなぜ? 外向性を作るメカニズム

スポンサーリンク

外向的な人のモノマネをする

ポジティブ思考になるから、ポジティブになるというものではないと思います。そもそもポジティブ思考をしようとする時点で、ネガティブなのです。

また、ポジティブ思考を身につけいるのに、どれだけの時間を使って自分を見つめ直し、短所を改善していかなければいけないのか、それを考えるだけでネガティブになります。また、そもそも自分を見つめ直すには、ネガティブ思考をしなければいけないので、本末転倒だと思います。

なので、ポジティブ思考をしようとすることは、あまり良い方法とは言えないとわたしは思います。ポジティブになれば自然とポジティブ思考になるのです。

では、どうすればポジティブになるかというと、わたしは外向的な人のものまねをすることが良い方法だと考えています。

外向的な人が求めているポジティブ感情とは、欲望に忠実でいることで得られる喜び、興奮、熱心などのポジティブ感情のことで、そのポジティブ感情は広く浅くものごとに接することで、比較的に楽に手に入り、持続的に得ることができるため、外向的な人はポジティブな人なのだと思われます。

なので、外向的な人のように外に刺激を求めることがポジティブになる最善の方法だとわたしは思います。では、実際にどんなことでポジティブ感情を生起されるか紹介します。

習慣から抜け出して、新しいものに興味を持つ

新しいことをすること、新しいことを見ること、新しいことを知ること、新しいものを発見することは単純にこの世界が面白いものだと教えてくれます。

内向的な人は、外向的な人のように新しいものを求める傾向が少ないので、もっと未知なるものに興味を持って、敬意を表することが必要でしょう。

流行に興味を持って、新しくできたショップに入って、いろいろなものを手にとってみたり、着てみたり、サンプル品を試してみたりするだけでも、新しい刺激になります。

また、レジャー施設で遊んだり、旅行に出かけて、知らない世界をみたりすることもいいことです。

わたしは食べることが好きなので、新しくできたお店や入りやすそうなお店を探して、たまに食べに行ったりします。

たまには、日々の習慣から抜け出してみて、新しいことにチャレンジしてみることをお勧めします。一人ではできないのであれば、彼氏彼女や家族、友人を誘ってみましょう。

社交が最大の娯楽

こんなことを書くと批判されるかもしれませんが、人にとっての最大の娯楽は他人と接することです。自分の中にはない言動、容姿、発想、価値観など、自分にはないものがたくさんあり楽しむことができます。その娯楽が世界の人口分存在するので、一生飽きる心配はないでしょう。

外向的な人は社交が刺激的であることよく理解しているため社交が大好きで、内向的な人よりも他人と会話をして楽しんだり、食事会をしたり、多くの時間を社交に費やします。

他人が興味を持っていることを楽しむ

他人が興味を持っていて、自分は興味がないことを否定することは簡単なことです。そんなものは興味がないと突き放せばいいのですから。

でも、それでは勿体ないことです。相手が自分が興味を持っていることを話してくるとき、内容が理解できなく、興味が持てなくても、将来的に役に立つ情報かもしれませんし、新しい発見があるかもしれません。

なので、他人の興味を否定的になるよりも、まず話を受け入れて興味を持って聞き、一緒に体験してみましょう。そして、それが自分に合わなければ他の興味に移ればいいのです。

身だしなみに気をつける

直接ポジティブになることとは関係ないのですが、身だしなみに気をつけたり、外見を磨くことで、他人があなたに向ける偏見の目を無くす効果があります。建前で内面が一番大事だという人もいますが、人は初見を外見で判断して他人を振るいにかけていることは間違いないでしょう。

やはり、髪がボサボサで不潔で異臭がする人、服装がだらしない人など生理的に嫌なタイプとは、あまり話をしたくないと思うことが自然なことです。

他人から話しかけられるため、自分から話しかけて他人に不快な思いをさせないために、身だしなみは気をつけるようにしましょう。

逆に服装や化粧をやり過ぎてしまうと、ある意味興味をそそられることもありますが、好奇な視線で見られることがあり、他人に避けられることもあるので注意が必要だと思います。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ