仕事選びの基準となる効率よくお金を稼ぐ4つのポイント

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

社会全体で格差が広がり、低所得で相対的貧困になる女性や子供が問題視されますが、もしかしたら間違った仕事選びをしていることも原因の1つかもしれません。

仕事は人生の大半を費やすものですが、大勢の人が人生の戦略を持たず場当たり的考える傾向にあり、結果的に自分が好きな仕事を選びます。

しかし、その仕事でお金が稼げなければ生活は苦しくなり、結婚や出産、安らかな老後を諦めなければいけません。

好きな仕事をして貧困になるか or お金を稼いで好きなことをするか

そこで、今回は効率よくお金を稼ぐ仕事選びで基準にするべき4つのポイントについて紹介します。人生を戦略的に考えるきっかけになればと思います。

スポンサーリンク

仕事選びのポイント1:システム化できる仕事を選ぶ

一生懸命に働いてお金を稼ぐことは素晴らしいことですが、効率よくお金を稼ぐ方法としては収入はたかが知れており、コストも掛かり過ぎます。

効率よく大金を稼ぐには、一人よりも二人で、二人よりも三人で…というように、複数の力を使ってお金を稼ぐことが大事で、自分以外のものによって自動的にお金が手に入るようにシステム化できる仕事選びが大事です。

例えば、経営者になると、自分が働かなくても雇った社員や従業員に働いてもらうことで、収益を得ることができます。

また、経営だけでなくお金や情報、権利を使って自動的に収益が入るようにシステム化することで、自分ががむしゃらになって働かなくてもお金を効率よく稼ぐことができます。

以下のものが例として考えられます。

  • 会社やお店を経営する:社員や従業員が働いて稼いでくれる。
  • お金を投資する:株、債券、不動産などを買ってキャッシュフローを得る。
  • 情報を提供する:画像や動画、記事などを作り、レンタル料や広告で収益を得る。
  • 著作物を作る:アプリ、音楽、本などを作り印税を得る。

仕事選びのポイント2:需要が多く・供給が少ない仕事を選ぶ

金や宝石が値段が高いのは、それだけ手に入りずらく希少価値が高いものだからです。そして、ものの価値は需要と供給のバランスで変動します。

これは仕事や人に置き換えても同じことが言えて、社会の需要が多いけれど、供給が少ないサービスや労働は、希少価値がつき利益率も高く設定できるためお金を稼ぐのに最適な仕事と言えます。

なので、仕事選びでも需要が多く・供給が少ない仕事を選んだ方が、効率よくお金が稼げて、給料は高く食いっぱぐれる心配もないでしょう。

また、需要と供給の観点から仕事選びを考えたとき2つのことが大事です。

将来性がある仕事は何か?

仕事選びをするときに、社会で需要が増える可能性が高い仕事を選びましょう。

例えば、日本は少子高齢かなので介護や医療の仕事は、需要が多く・供給が少ないので良い選択です。しかし、何十年後は老人の人口が少なくなるので、需要が少なくなる可能性があります。

他には、「人工知能の影響で10年後に日本の労働人口の約半分がいらなくなる」という調査結果が出ましたが、人工知能に関われる仕事は需要が多くなる可能性があります。

そのため、今からプログラミングや人工知能の勉強をしてエンジニアになれば、社会から必要とされる人材になれるでしょう。

なので、新聞やニュース、社会を牽引している人の発言などに注視して、社会が向かう方向性を見定めて、将来的に需要が多く・供給が少ない仕事選びが効率よくお金を稼ぐ方法です。

競争相手がいない環境で独占できる仕事は何か?

所属するコミュニティーや環境に自分と似た人が少なければ、自分自身の価値は上がり必要とされ、似た人が多ければ自分自身の価値は下がって必要とされないということがあります。

例えば、地元ではモテる人が都会に遊びに出かける、周りに美女やイケメンが多いため、そんなにモテなくなるというように、環境によって平均値が高くなることがあります。

他にも、地方は若者が少なく高齢者が多い地域がありますが、そこで高齢者向けのサービスを始めれば、顧客を独占できる可能性があり効率よく稼ぐことができます。

このように、環境によって需要と供給のバランスが変化するので、競争相手がいない独占環境で仕事選びをすることで、効率よくお金を稼ぐことができます。

仕事選びのポイント3:経験の積み上げできる仕事を選ぶ

需要と供給のバランスを考えて価値の高い仕事選びをしても、マネされやすく簡単に参入できる仕事は、需要と供給のバランスが崩れやすいため、急激に仕事の価値が下がってしまう可能性があります。

例えば、アルバイトの接客や事務職など誰でも簡単にできる仕事は、初心者と熟練者との差があまりないので、給料も安いし昇給もないです。

しかし、プログラマーのような仕事は、プログラムが早く動くようにプログラミングしたり、ソースコードを綺麗に書くなど、経験の積み上げができるので、初心者には真似できない成果を出すことができます。

このように、誰でもできる仕事を選ぶのではなく、経験の積み上げできて素人に真似できない仕事選びをすることで、自分自身を際立たせることができ、効率よくお金を稼ぐことに繋がります。

仕事選びのポイント4:低コストな仕事を選ぶ

どんな仕事をするにも、お金や時間、リスクといったコストは掛かります。

そのため、お金や時間などの節約できれば、高コストな仕事よりも低コストな仕事選ぶをすることで、安全に効率よくお金が稼げるようになります。

例えば、コンビニ店舗を経営する場合、イニシャルコスト(初期費用)が高く、ランニングコストは、毎月の光熱費、人件費、商品の仕入れ原価、テナント料などの経費が掛かります。

他にも、万引きの被害、流行遅れで在庫をかかえる、新しい競合店が増える、人の流れが変わり客数減少などのリスクもあります。

このように、実際の店舗を抱えていると、ランニングコストにお金が掛かり、コントロールできないリスクがあるビジネスは行き詰まる可能性もあります。

また、仕事を効率化して時間を節約することが大事です。

なぜなら、余った時間を使って新しい知識を勉強したり、アイデアを練ったりすることで、さらにお金を稼げるようになるからです。

そして、そもそもお金を稼ぐ理由は、自分や家族の幸せのためなので、自由な時間ができるだけ多いほうがいいでしょう。

なので、ネットビジネスのようにできるだけ低コストで利益率が高い仕事選びをして効率よくお金を稼ぎましょう。

仕事選びで迷ったら「IT系エンジニア」

仕事選びの4つのポイントはいかがでしたか?

どんな仕事が効率よくお金を稼げるかなと考えたとき、やはり「IT系エンジニア」の仕事が最善な選択だと思います。

なぜなら、現状を見てもプログラマーは必要だけど人手不足であるので高収入ですし、人工知能で多くの労働が入らなくなりますが、エンジニアは必要なので将来性もあります。

そして、新しいITビジネスを始めるときも、低コストで、収益の自動化もしやすいためです。

特にやりたい仕事がなく、仕事選びにこだわりがない人は「IT系エンジニア」の勉強を始めてはいかがですか?

【関連】10年後に人工知能(AI)やロボットで「なくなる仕事・なくなる職業」とは?

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ