シンプルに考える/森川亮(元LINE株式会社CEO)

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

「シンプルに考える」というタイトルが気になって購読してみました。

この本を読んで「シンプルに考える(本質を見抜く)」ことの、重要性やその思考が強力な武器になることを改めて認識しました。

内容は主に企業の話ですが、本質的な話なので汎用性が高く、個人レベルでも通用する話だと感じました。

本書は「人々が求めているものを与えること」がビジネスの本質だと見抜いた上で、2つのことを話しています。

  • ユーザーが「求めるものを見つけて」「具体的なカタチにする」ことに集中
  • その能力を最大限に発揮できる「環境作り」と「維持する方法」

この2つに重点を置くことが、ビジネスを成功させる秘訣で、これを実現するために元ラインCEOの森川亮さんが考える経営について紹介されています。

今回は、私が本書の内容で、ものづくりする人間として共感した部分を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ビジネスの本質とは?

森川亮さんは、ビジネスの本質は「求める人と与える人のエコシステム(生態系)」だと言っています。だから、以下のことを意識しないと本質からずれてしまうと考えたようです。

  • ビジネスは「戦い」ではない
  • 経営は「管理」ではない
  • 「お金」を中心に考えない
  • 会社は「人」がすべて

この言葉の意味を考えた時、「お金がない」人類が狩猟生活をしていた時代のことを考えてみました。

人類が狩猟生活をしていた時代、狩りをするのに弓などの武器が必要です。この時、狩りが上手い人は狩りをして、武器を作ることが上手い人は武器を作った方が、グループとしての利益を最大化できます。

つまり、自分の得意なことに集中して、グループ内で仕事を分業することが個人の仕事の本質で、ビジネスと個人の仕事の本質は同じだと私は思います。

だから、「お金のために仕事をする」「利益を得るためにビジネスをする」「ユーザーを無視する」「管理して力に制限をかける」という考えを大勢の人が持っていますが、結局そういう人や企業が成功し続けることができないのは、本質から感覚がずれているからでしょう。

自分が(会社が)人のためにどう役立つか考えて、それに集中すれば成功できるのでしょう。

社員の能力を最大化する方法

本書では社員の能力を最大化するために、会社の無駄をなくして、それに代わる新しい方法を考えています。

私はCEOではないので経営についてよく知りませんが、そんな私が「この考えは良いな」と思ったものあったので少し紹介します。

「人事評価」をシンプルがベスト

人事評価をする時、一般的に「この項目は何点、この項目は何点」と上司が社員を評価しますが、これは本当にダメなやり方だと日頃から思っています。

本書でも書いてあるように、たいして仕事をしない社員が上司の機嫌取りをするみたいに、評価システム攻略しようとする社員がいるからです。

つまり、仕事に集中して打ち込む社員ほど損をするシステムであることです。この点に関してもっと考えなければいけません。

「事務方」はいらない

私も日頃から本当に疑問に思っていることですが、なぜかユーザーのために商品を作っている現場の人間よりも、事務方の方が権威を持ち、偉い立場にいることです。

事務方は計画をつくって、現場に実行させます。計画通りにいかなければ現場の責任にされ、うまくいけば手柄を事務方に持って、事務方が偉くなっていきます。

こういうものづくりをする会社は危ないと私は思います。ものづくりをしない人間が偉くなると、お金のこと、現状を維持することを考えて、ユーザーが求める良い商品を作らなくなるからです。

しかも、優秀な人ほど自分がやりたい目標をを持っているので、仕事がヤリずらいと感じると辞めてしまう可能性があるからです。

私はその会社の基盤を支えている人が偉くなるシステムが必要だと思います。

まとめ

他にもいろいろとアイデアが書いてあるので、経営が上手くいかない人や新しくビジネスを始めようとする人、個人で成功しようと思う人は読んでみると、今とは違うものの見方ができるのではないかと思います。

また「シンプルに考える(本質を見抜く)」癖をつけておくと、正しい方法や有効な方法を見つけることができるので、論理展開の帰納法を生活の中でするといいでしょう。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ