人見知り・内気な性格の人が「口下手・話下手」を改善する方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

人見知り・内気な性格が原因で口下手・話下手となり、「言葉が上手く出ないこと」「会話についていけない」「何気ない雑談ができない」「冗談が言えない」など、悩みも絶えません。

そして、会話に苦手意識があることで、自分から相手に話しかけられなかったりと、他人とのコミュニケーションに積極的になれずに、他人を避けてしまう人もいるでしょう。

そんな悩みを解決するために、今回は人見知り・内気な性格が原因で、「口下手・話下手」の人が上手く会話ができるように改善方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

話し相手に気を使いすぎない

人見知り・内気な性格の人は、自分に自信がなく、他人よりも自分は劣った存在だとか、他人を傷つけたことで、自分が傷つけられることが恐いという心理になりやすいです。

その心理が、他人の顔色を伺うという行動に現れたり、「相手を傷つけないように」「相手に失礼なことを言わないように」と、注意がそちらにばかり集中することで、口下手・話下手になってしまう人がいます。

相手の気持ちに配慮した会話をすることは良いことではありますが、あまりに気を使いすぎると、相手に緊張が伝わり、一歩引いた距離間で会話をするので、なかなか仲良くなれないでしょう。

この場合は、自分の性格を改善する方法と、会話中のルールを作っておくという方法があると思います。

詳しくはこちら記事へ:神経質な性格を根本的に改善する方法(人見知り・内気な性格を改善する)

雑談は考え込まない

特に内向型人間の場合、専門的な知識や情報をもとに、思慮深く物事を考える癖がついており、どうするべきかよく考えて行動します。

ちゃんとした発言が求められる会議の場などでは、いろいろなことを考慮して深く考え、自分の意見を述べることは良いことです。

しかし、日常生活の軽い話題や雑談レベルの会話で、自分だけ考えに考え抜いた発言をしても、会話のテンポについていけなかったり、場の空気をシラけさせることになるでしょう。

この場合、状況に応じて会話のレベルを調節することが大事です。日常会話レベルなら、特に深く考える必要もないので、自分が思ったこと感じたことを素直に発言した方が好まれるでしょう。

関連記事:「口下手で人見知り?」 誰も知らない内向的な人の特徴(内向型人間)

口下手・話下手を改善するには「見聞き上手」になることから始めよう!

会話で最も大事なことは、「相手が伝えたいことを正確に読み取る」ことだと私は思っています。

相手が伝えたいことを正確に読み取らなければ、間違った返答をしてしまったり、会話が成り立たず、「コイツちゃんと聞いてたのか?」と相手を不快にさせます。

特に口下手・話下手の人は、緊張しているのか相手の目を見て会話しなかったり、上の空で会話の内容を聞き返すことがあり、会話中の情報である「会話の内容」「しぐさ」「声のトーン」「表情」などを見落としがちです。

そのため、まず「見聞き上手」になって、相手の方を見て、ちゃんと聞くことを意識することを心がけて、相手が伝えたいことを正確に読み取れるようになることが重要です。

また、相手の会話に相づちしたり、会話の邪魔にならない程度のリアクションが取れるようになると会話を弾ませることもできるでしょう。

口下手・話下手は「質問上手」になって興味や関心を引き出す

口下手・話下手の人は、見聞き上手になっても、まだまだ自分が話すことは苦手だと思います。

そんな時、相手に上手な質問することで「相手の興味や関心を知る」ことができ、話のとっかかりを作れたり、話のネタを見つけて仲良くなるきっかけになることがあります。

さらに、質問することで「自分はあなたに興味や関心がありますよ」という暗黙のメッセージとなるので、相手も質問を返してくれたりします。

口下手・話下手の人は、質問上手になって仲良くなっていきましょう。

関連記事

会話が続かない人は、質問上手になって話を引き出すコツを知ろう!

活動的になって日常を楽しもう!

毎日が単調で同じこと同じ行動の繰り返しだと、何のトラブルもなく、大きなストレスもない予定調和の生活で、ネガティブ感情を感じない代わりに、ポジティブ感情も感じない生活です。

また、特に内向型人間は外向型人間のように、社交や活動的でいるとエネルギー消耗が激しいため、家でひとり引き込もるインドアな傾向が高いです。

当然、こんな生活では自分から相手に提供できる話題がまったくないので、口下手・話下手以前の問題です。

そして、口下手・話下手で他人と上手く会話ができない人は、「共通の話題がない」「相手の話に共感できない」「知識や経験不足で相手が話している内容が理解できない」なども問題です。

この問題を改善するには、やはり多少でも活動的になって、「楽しい・嬉しい・びっくり・恥ずかしい・悔しい・イラつく」といった感情を持ち、新しい体験から「知識・経験・失敗」を得ることが重要です。

なので、特に内向型人間は出不精なので、無理やりにでも予定を計画して、活動的になる機会を作り、新しい体験、流行の食べ物やスポットなど体験して、口下手・話下手を改善しましょう。

接客の仕事で口下手・話下手を改善する

人見知り・内気な性格が原因で口下手・話下手である場合、苦手意識があるのでなかなか自分から勇気を出して他人に話しかける場面はありません。

また、両親や兄弟、友人などの話しやすい短な人たちといつも会話してても、同じパターンの会話になったり、簡単な会話だけで意思疎通が取れるため、どうしても甘えがでるので会話があまり上達しないでしょう。

この場合、接客業や営業職などの仕事上で他人と会話をしないと成り立たない仕事をすることで、自分がいつも接するタイプの人とは違うジャンルの人、立場が異なる人、老若男女いろいろな人と会話する機会を作るとともに、会話力も鍛えられます。

また、最初は先輩に教わったり、接客マニュアルがあるので、口下手・話下手でもパターンに当てはめて会話を進めることができます。

そして、接客に慣れてきたら自分なりに考えて、今までとは違う表現や伝え方で話を進めて言葉の幅を広げるなど、試しながら会話力を鍛えられるので、口下手・話下手を改善するにもってこいの方法です。

最後に脳科学的なアプローチも紹介!

脳科学的なアプローチで口下手・話下手を改善する方法が2つあるので紹介します。

女性ホルモン(エストロゲン)を増やす食品を摂取する

女性ホルモン(エストロゲン)は、右脳と左脳をつないでいる脳梁という部分の情報伝達を速くする働きがあることが分かっています。

平均的に男性よりも女性の方が、言葉が流暢でおしゃべりですが、これは男女では脳の構造や脳の使い方に違いがあることも理由ですが、右脳と左脳の情報伝達のスピードも理由の一つです。

実際に、エストロゲンを投与することで、言葉が流暢に出て来やすくなることが実験で明らかになっています。

なので、口下手・話下手の人は、女性ホルモン(エストロゲン)を増やすことで言葉が流暢に出て来やすくなります。

女性ホルモン(エストロゲン)を増やすには、大豆製品などの食品やサプリを摂取するといいでしょう。ただし、男性は女性ホルモンのサプリを摂取すると、女体化する危険があるので、食品だけにしておきましょう。

ワーキングメモリ・前頭前皮質を鍛える

口下手・話下手の人は、ワーキングメモリや脳部位の前頭前皮質を鍛えることで、頭の回転が速くなり、相手が伝えたいをを素早く理解できたり、素早く考えることができるので、会話も上手く運ぶことができるようになります。

実際にどう鍛えるかは以下の記事をどうぞ!

「ワーキングメモリを鍛える」簡単にできるトレーニング方法(脳トレ)

「記憶力、思考力、集中力を高める」脳力を最大限に活かすための習慣

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ