社会で物怖じしない社会性やコミュニケーション能力を高める子供の育て方

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

多くの企業が新卒採用で特に重視した点は「コミュニケーション能力」ですが、個人の生涯にわたっての幸せについても社会性やコミュニケーション能力は強く影響を与えます。

14歳を過ぎると他の能力と同様に社会性やコミュニケーション能力の獲得は難しく、精神的なストレスがかかり大変な努力が必要で、大人になってからも人間関係に悩む人が多く、心を閉ざしてしまう人もいます。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」がベストセラーになったことも対人関係に悩んでいる人が多い証拠ではないでしょうか。

なので、子供が幼い頃から社会性やコミュニケーション能力を高める育て方を親が意識的に行うことは重大な意味を持ち、子供が将来イキイキとした人生を過ごせるかどうかに影響します。

そんなわけで今回は、子供の社会性やコミュニケーション能力を高める子育て方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供と大人が触れ合う機会を増やす

家業が接客業をしている家庭で育った子供は、親の仕事場で家業を手伝ったりするおかげか、社会性やコミュニケーション能力が高い子供が多いように感じます。

お店に来るお客さんはもちろん、従業員であるパートやアルバイト、社員と出会って接する機会も多くあり、その中でいろんなタイプの人間や世代の人たちとコミュニケーションを取ります。

しかし、普通の子供が深く接する大人は学校の先生と親・親戚ぐらいなので、社会いろんなタイプの人に物怖じしない社会性やコミュニケーション能力を子供が身に付けることはできません。

なので、親が意識して先生や親以外の大人と子供が触れ合う機会を増やして、大人と深くコミュニケーションが取れる場を設けることが重要です。

例えば、海外では頻繁に行われているようですが、自分の友人や同僚の家族を家に招いてホームパーティをしたり、ピクニックやキャンプなど出かけるのもいいです。

  • 家に友達家族を招く。
  • 友達家族と自分の家族と一緒に出かける
  • 祖父母と一緒に暮らしたり、祖父母の家の近くに住む。
  • 地域の行事に参加する。
  • 習い事をさせる。

また、人間関係は軽いいざこざやトラブルが付き物なので、親以外の大人がどんな問題解決をしているか学ぶ機会も生まれ、良い意味でも悪い意味でも子供のお手本となります。

ただしこれには難点があって、あまりに大人と触れ合う機会が多すぎた場合、逆に子供同しの価値観が合わなくなって同級生に親しい友達ができない可能性もあるのでほどほどに。

友達と気軽に遊べる環境を選ぶ

私の実家は地域に住む人が少ない山奥にあり、同級生の友達と遊ぶためには1時間以上かけて下山しないといけませんでした。

そんな環境だったので同級生と遊ぶことが少なく、子供時代はテレビを見たり、一人でゲームをしたり、絵を描いて過ごす時間がほとんどでした。

学校の友達との仲が特別悪いわけではありませんでしたが一緒に遊んだ経験が少ないため、友達同士の遊びのエピソードトークなどについていけないずに、同級生と上手くコミュニケーションが取れないと感じたことが多かったです。

今ではスマホなどを使って同級生と頻繁にコミュニケーションを取れますが、やはりお互い面と向かって遊ぶ時間がある方が一番友達と深い関係性を築けやすいです。

なので、子供の社会性やコミュニケーション能力を高めるには、友達の家が近くにあって頻繁に遊べたり、お互いの家を行き来できるこような、子供同士で気軽に遊べる環境に住むことが大事です。

「ありがとう」と感謝できる子供に育てる

大人でも他人からやってもらったことに対して、素直に「ありがとうございます」と感謝を伝えられない人の方が多いです。

人間には他人から好かれたい・認められたいと思う承認欲求(自尊欲求)があるので、やはり他人に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられない人は周りから信頼されませんし、下手をしたら嫌われてしまいます。

特に男性は感謝の気持ちがあっても言葉で表すことが苦手なので、相手にちゃんと感謝を伝えないことが多いため、徹底的にしつける必要があります。

そうしなければ、子供が結婚した場合に嫁に愛想つかされて夫婦関係が壊れる原因になったり、何より友達ができない可能性もあります。

子供が「ありがとう」と他人に感謝できるように育てるには、子供に感謝するように強制しても意味がないので、親自身が手本となって意識的に他人に感謝することです。

そして、家族間でも何かやってもらったらお互いに「ありがとう」と必ず伝えるようにしましょう。

家族会議を開いて議論する

昔ほどではないにしても、日本では謙虚で控えめな姿勢が美徳と思う傾向があり、今でも「自分よりも他人に譲る」という譲り合いの精神が大事だと考える人も多いです。

確かに譲り合いの精神は大事ですが、自分にとって大事なこと・譲れないものに関しては主張するべきですが、自己主張の訓練はしておかないと子供の言い合いのようになってしまいます。

子供は極端な生き物で「自己主張ゼロ」か「自己主張しすぎ」になり偏った態度をしがちです。

空気を読むとも言いますが、状況に応じて「自己主張するべき時か」「自己主張しすぎか」大人になっても判断できない人は、自分か相手が傷ついて人間関係に亀裂が走ることになりますし、無用な敵を作ってしまいます。

子供が自己主張できる訓練方法は、相手の話を聞く姿勢や自分の意見を論理的かつ簡潔に話すなど、ルールの中で自己主張する訓練が望ましいと思うので、例えば家族の問題を話し合う家族会議は良い方法だと思います。

そして、家族会議で守らなければいけないルールとして、「フィンランドの5年生がまとめた議論のルール」が参考になります。

  1. 他人の発言をさえぎらない
  2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
  3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
  4. わからないことがあったら、すぐに質問する
  5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
  6. 話を聞くときは、他のことをしない
  7. 最後まで、きちんと話を聞く
  8. 議論が台無しになるようなことを言わない
  9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
  10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない

このようなルールを守って日常会話や会議などに参加できれば、相手の意見や価値観を尊重しながら、自分の主張ができる大人に育つのではないかと思います。

バラエティ番組を観せる

意外かもしれませんが、バラエティ番組を見ることも子供の社会性やコミュニケーション能力を育てるのに一役買ってくれます。

脳機能から導かれた知能を「HQ(人間性知能)」といい、HQを代表する知能に「gF(一般知能)」というものがあります。

 「gF」知能指数が高い個人は、実社会で成功者となりやすく年収も多い、社会性が高く(結婚も良好で離婚しない)、病気にかかりにくく、長生きすることがわかっています。

研究ではテレビをよく見る幼児ほど「一般知能gF」が高いという結果が出ており、テレビ番組の中でもバラエティ番組は「一般知能gF」を高める効果があると証明されています。

理由としては、バラエティ番組には人の社会行動(社会性がある行動)が豊富に含まれており、多種多様な社会行動を視聴することで学び、一般知能gFが高められるのではないかと推測されます。

また、テレビ番組の種類によって影響が異なり、調査では「バラエティ番組<教育番組<アニメ」の順にブラス影響が強く、「ワイドショー・ニュース・ドラマ」はマイナス影響を与えていたとか。

思いやりや優しいを大事にさせる

良好な人間関係を継続するには、やはり思いやりや優しさを持って他人に接しなければいけません。

「自分さえ良ければいい」「他人はどうでもいい」という考えを持っている人は、心の中が自然と相手への言葉や態度に現れており人が寄り付かなくなります。

子供が将来的に孤独な人生にならないために、他人にも自分にも思いやりのある子供に育てましょう。

【関連】人に好かれる子になって欲しい!思いやりのある優しい子供の育て方

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ