長身女性の悩みを解決!伸び続ける身長を止める方法

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

低身長だと不便だし、スタイルが気になりますし、高身長過ぎるのも悩みものです。

特に長身の女性は、周りの男性が自分よりも身長が低くなり相手と釣り合わないので、付き合う相手を選ぶのも一苦労です。また、何より男性に嫌がられるのではないかと気がかりです。

身長は低すぎても高すぎても悩みがあり、デメリットが付きものなので、身長を伸ばす度合いを調節できれば最高です。

そこで今回は、身長が伸びすぎないために、身長を止める方法について紹介します。

スポンサーリンク

筋トレで身長が伸びなくなるはウソ

身長が伸びなくなる要因として、「筋トレして筋肉が太くなると、骨の成長を抑える力が加わり、骨の成長を妨げる」と言われます。

しかし、研究によると筋肉の力よりも、骨が成長する力の方が遥かに強いので、筋肉を付けたからといって、低身長にならないという結果があります。

また、ウエイトトレーニングや自重の筋トレをすることで、成長ホルモンが多量に分泌します。

身長が伸びるのは、成長ホルモンのおかげなので、この点においても筋トレで身長が伸びなくなるという思い込みがウソであることがわかります。

ただし、筋トレをする分だけ栄養を取っていないと、体の成長まで栄養が行き渡らないことが考えられます。

なので、身長を伸ばしたい人は、筋トレと食事のバランスを考えて、身長の成長を止めたい人は、筋トレなど全般的に運動をしないことで、成長ホルモンの分泌を抑えることが良い方法です。

身長を止めるには「偏食」「夜更かし」「運動不足」「お菓子を食べる」が効果的

身長が伸びるのは、成長ホルモンの影響されて、細胞の成長を促進するソフトメジンC(IGF-1)を生産され、ソフトメジンCの働きによるものです。

また、骨の成長には、骨を作る成分となる栄養を摂取することが重要となります。

そのため、身長が伸びることを止めるには、「成長ホルモンの分泌を抑えること」と「骨の成長に必要な栄養を摂取しないこと」が最も効果的な方法です。

この点に関する実例として、私の知り合いの三兄弟について紹介します。

この3兄弟それぞれの身長は、長男:181㎝の痩せ体型、次男:172㎝の痩せ体型、三男:170㎝の太った体型です。

長男だけが約10㎝身長が高いのですが、この差は生活習慣の違いにが大きく関係していました。

  • 長男:大食いでバランス良い食事、よく寝る、自重筋トレや運動をよくする、お菓子は食べない。身長を伸ばすのに理想的
  • 次男:少食で野菜嫌いで肉多めの偏食、パソコンで夜更かしで寝不足、筋トレはあまりしない、運動はしていた、甘党でお菓子やジュースをよく飲む。
  • 三男:大食いだが好き嫌いが多く偏食、よく寝る、運動しないお菓子やジュースが大好き。

三者三様の生活スタイルですが、長男は身長を伸ばすのに適した生活習慣を送っているのに対して、次男と三男の生活スタイルは、成長ホルモンの分泌量が少なく、栄養も足りていないことがわかり、この生活スタイルが約10㎝という大差が生まれた要因です。

つまり、身長を止めるには、「偏食」「夜更かし」「運動不足」「お菓子を食べる」という不摂生な生活スタイルに変更すると効果的です。

身長を止める不摂生な生活スタイルのデメリット

身長が伸びすぎて悩んでいる人は、遺伝の影響と規則正しい生活スタイルを送っていると思います。

これを身長を止める生活スタイルに変更すると、体や精神面で悪影響というデメリットがあります。以下にデメリットとして考えられることを一覧で紹介します。

  • 頭の回転や記憶力が低下して、学力低下する。
  • 脳を含めた体の成長の妨げとなる。
  • 自制心が効かなくなり、感情のコントロールができなくなる。
  • 風邪など病気に罹りやすくなる。
  • 疲れが取れにくい・体がだるくなる。
  • 太りやすくなる。

規則正しい生活を、不摂生な生活をすることなので、特に学生は学力低下や精神面が弱くなり、2次的な影響として人間関係のトラブルを招きやすいというデメリットがあります。

また、一度不摂生な生活をすると、規則正しい生活に戻すことが難しいです。

身長を止めたい人は、以上のようなデメリットを把握して、割に合わないと思ったら、すぐに規則正しい生活スタイルに戻すことをお勧めします。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ