【心理学者が伝授】カップルが恋愛を長続きさせるための6つの条件

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

交際をし始めた頃は、ドキドキして二人でいることが楽しいと感じて、相手に欠点があっても気にしない心の余裕がありました。しかし、交際が長くなるにつれて、新鮮さが薄なわれて、ドキドキ感がなくなり、二人でいてもつまらないと思うことも多くなります。

そして、相手のちょっとしたことが気になりだして、物事の考え方や価値観が違いや、相手が身勝手だと考えてしまいケンカするようになります。

恋愛が長続きしないのは、お互いが恋愛が上手くいかないのは、相手が悪いとなすりつけ合うことやお互いの意思疎通が上手くいかず、話し合いをしないまま問題を放置することが原因です。

恋愛は二人だけのものです。なので、どちらかが悪いということでなく、お互いに原因があり、二人の関係性の築き方に原因があります。

そこで、今回は心理学者が教える交際が長く続けるには、どういう関係性を築くといいかということを6つ紹介していきます。

スポンサーリンク

相手に理想を押し付けない

女性も男性も自分の理想の彼女、理想の彼氏を求めています。そして、理想を求めるあまりに、条件を並び立てていき、異性を振るいにかけます。

条件で相手を見ると、相手のここがダメだ、ここが気に入れないと、相手の至らない点ばかりに目が行くようになり、気になって仕方なくなるでしょう。

そして、我慢の限界できなくなると、相手を否定したり、批判したりするようになり、いずれお互いが嫌いになってしまい別れてしまいます。

こうならないためには、「人間は誰一人として完璧な人はこの世にいない」「欠点があるのは当たり前だ」と思い、相手の至らない点を強く意識しないようにして、「ありのままの相手を好きになること」を心がけることが大事です。

それでも相手の欠点が気になるのなら、我慢して相手を嫌いになるよりは、二人で冷静に話し合って改善して行くようにしましょう。

話し合いの時は、決して相手を責めたり、感情的になってはいけません。私はあなたのこういう行動で、すごく不安になる、すごく悲しくなる、すごく辛くなると伝えて、できればこうしてくれると嬉しいと伝えるようにしましょう。

相手や二人で喜べることを考える

人間は利己的な生き物なので、自分の利益を考えて行動することは当然のことなのです。しかし、人間関係では、自己中心的に行動してしまうとうまくいきません。自分が損して、相手に利益を与えることが必要になってきます。

恋愛も自分のことばかり優先する人は、いくらその人が好きでも、気持ちは長続きせず、別れてしまいます。なので、二人で一緒にいる時は、「お互いが相手を喜ばせること」を考えるようにしましょう。

また、「相手を喜ばせるだけでなく、二人で喜べることをする」とより一層、二人の仲が深まります。

心理学では、お互いに類似性があることで、仲が深まるので、共通の趣味など一緒に何かをすることを見つけるといいでしょう。

ありのままの自分を出す

誰でも好きな人ができたら、相手によく見られたいと思い、自分をよく見せるために、女性は可愛い仕草をしてみたり、男性は自分を大きく見せようとするものです。

本当の自分を出して、「相手に嫌われるかもしれない!」と恐れてしまうことはわかりますが、ずっと対面を装って、本当の自分を押さえつけていると、交際期間が長くなるにつれて、我慢の限界に来てしまい、恋愛に疲れてしまします。

相手と長付き合って結婚することまで考えると、一生自分を偽ることなんて不可能なので、勇気を出して「ありのままの自分を出して、好きになってもらう」ようにしましょう。

ここで、勘違いしないほうがいいのは、ありのままの自分を出していいとは言っても、わがままを言って相手を困らせたり、だらしない自分を見せて相手を幻滅させたりと、両親や親友と同じように接することは避けた方がいいでしょう。

あくまで、自然体の自分を知ってもらい、相手に自分のことを深く理解してもらうことが重要です。そして、他人を困らせる自分の欠点は、改善していかなければいけません。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ