自信がない人がするネガティブな6つの思考タイプ

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

自信をない人と言っても、個人によって自信のない理由には違いがあります。そして、理由の違いによって、それぞれ特徴的な思考パターンがあるようです。

今回は自信がない人にあるネガティブな思考パターンをもとにして、2つの根本的な原因に分類して6つのタイプに分けました。それを紹介します。

スポンサーリンク

自信がない人の思考パターンを作る要素

人がネガティブになって自信をなくす時、2つの根本的な原因があります。それは、「他人から愛されない、認められないこと」「外部からの脅威」です。

ネガティブ感情は自分のことを評価する感情システムなので、他人よりも自分自身に原因があると考えてしまい「自己批判」をしてしまいます。特に神経質傾向が強い人は、ネガティブ感情に過剰反応しやすいため、自信がない人が多いようです。

以上のことが自信をなくした人の根底にある悩みの原因となるものです。そして、それぞれの思考に特徴が出るのは、子供の頃の両親の教育や他人との関わりによって、「子供が感じる危険や脅威がクローズアップ」されて、それぞれ特徴的な思考パターンが出来上がるようです。

愛されたい、認められたい

他人と比較して自分が劣った存在だとコンプレックスを感じてしまいます。そして、このことで自信をなくす人もいれば、気にしない人もいます。

コンプレックスが気にならない人は、自分のことを大事に思ってくれている人がそばにいて、愛されている、認められていると感じているので、少々のことでは動じません。恋人がいたり、結婚すると自信が湧いてくるのはこれが理由だと思います。

しかし、自信をなくす人は「他人に愛されたい」「他人に認められたい」という欲求が満たされないので、自信を持つことが出来ずにいるのです。

下記する3つのタイプはどれも、「他人に愛されたい」「他人に認められたい」という欲求が満たされないことが原因となっているものです。

1.私はダメな人間だ

他人と比較して「自分はダメな人間だ」と自信がなくなり、ネガティブ思考になることがあります。

「私には知識もないし経験もない。こんな能力がない人間は、人の役に立つことはできない。だから、自分には価値がなく、誰にも認めてもらえないのだ」と考えてしまい、他人から無能のレッテルを貼られることへの恐怖心や不安感を強く持っています。

その思考と感情が影響して、行動を起こすことを避けたり、行動を起こしたとしても、ちょっとした失敗でつまずくと、「やっぱり私はダメな人間だ」とネガティブな部分にだけ注目してしまうのです。

そして、行動を起こさないことでさらに自信をなくし、不安感や恐怖心などのネガティブ感情によって、「私はダメな人間だ」という思い込みが強化されていくのです。

2.私はつまらない人間だ

誰でも家族に愛されたい、好きな人に愛されたい、友達に好かれたいと思います。他人に愛されたいと思うことは人間の根本的な欲求です。その欲求が満たされないことで、自信をなくした人は、「私はつまらない人間だ」と思ってしまい人間関係に問題が出てきます。

「私の話が面白いわけでもなく、私は綺麗でもない。(格好よくない。)相手は私と一緒にいてもつまらないと思う。だから、きっと私以外の人といる方が相手は楽しいだろう」とこんな私を誰が好きになるだろうと考えます。

このような人は「他人の主張を否定したり拒否したら、相手に嫌われてしまうと」考えて、自己主張ができなくなります。そして、「他人の主張を受け入れて、ただ従うだけ」になってしまうのです。

また、特に女性に多いかもしれませんが、自己評価が低いので、自分の価値を見誤ってしまい、「私はつまらない人間だから、誠実な男性は私を相手にしないだろう」と考えてしまいます。

だから、ギャンブル好きな男、DV男、浮気性、借金がある男など、他人から見たら「なんでこんな男と?」と思うようなダメ男と付き合って結婚してしまう人もいるようです。

3.完璧主義である

完璧主義な人は、なんでも完璧にこなさないと気が済まない人のことです。勉強でも、スポーツでも、習い事でも、仕事でも、「自分の能力を証明することが、他者から認められ、愛される方法」だと思っています。

なので、テストの点数で普通の人は80点前後で大喜びするところですが、完璧主義者はたとえ99点だとしても、100点でないと自分に満足することがありません。すべてにおいて完璧を求めており、完璧でないと自分は無価値な存在だと考えてしまいます。

当然なことですが、すべてを完璧にすることは絶対不可能なことです。完璧主義者は高すぎる目標のせいで成功体験がなく、自分に満足しないので、自信がなくなってしまいます。

また、他人に自分の足を引っ張られたくないと考えるあまりに、他人に対しても完璧であることを求めることがあります。他人のすることにイライラしたり、うるさく文句を言ったりして、他人を傷つけている人もいます。そして、他人に任せると完璧にできないと思い、すべてのことを自分で行うのです。

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ