身体の成長と健康維持に必要な「成長ホルモン」とは?

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

子供の身体の成長・発達や、健康を維持するために必要と言われている成長ホルモンについて紹介していきます。

スポンサーリンク

成長ホルモンとは

成長ホルモン(GH:growth hormone)とは、多くのホルモンの分泌を行っている脳下垂体前葉の細胞から分泌されるホルモンで、人の成長ホルモンを特にヒト成長ホルモン(hGH:human GH)と呼びます。

191個のアミノ酸から出来ており、身体の成長・発達と体をメンテナンスして健康を維持するために必要なホルモンです。

成長ホルモンは直接作用する場合と、成長ホルモンが肝臓に働きかけて分泌されるIGF-1(インスリン様成長因子-1、別名ソマトメジンC)を介して、間接的に作用する場合があります。

特に子供の身長を伸ばしたり、筋肉の発達などの成長に関する作用は、主にIGF-1を介して、いろんな器官の細胞分裂を促す働きがあります。

年齢による成長ホルモンの働きの違い

growth_age

子供と大人では成長ホルモンの分泌量に違いがあります。思春期前を基準値100とすると、思春期後期は基準値の2倍、30〜40代だと基準値の半分となり、60代以降は基準値の30%以下となります。

成長ホルモンは成長に関する作用と代謝をコントロールする作用がありますが、子供と大人では重要視される効果が違っています。

子供の場合は、成長ホルモンと言われるだけあって、身体の成長に欠かせないホルモンです。骨や筋肉、各器官を発達させる成長に関する作用が重要視されます。

大人の場合は、身体の成長が止まりますが体のメンテナンスは必要なので、成長ホルモンの働きでは、代謝をコントロールする作用が重要です。

年を重ねると共に成長ホルモンの分泌量が減少するので、体や脳が疲れやすい、太りやすい、肌がカサカサ、情緒不安定、意欲の低下などの精神面まで影響してきます。

そのため、年齢を重ねるとともに運動をしたり、食事や睡眠、ストレス発散など、成長ホルモンを分泌を促進のために意識的に行動する必要があります。

成長ホルモンと病気

成長ホルモンの分泌量に異常があると、体の成長に障害が起こります。

成長ホルモン分泌不全性低身長症(GHD)

「成長ホルモン分泌不全低身長症」とは、成長ホルモンが正常に分泌なされないため、身長の伸びが少なく、低身長を引き起こすものです。

1万人あたり男児だと2.14人、女児だと0.71人の頻度でみられるそうで、治療を行わないと大人になっても低身長のままとなってしまいます。

低身長は遺伝よりホルモンが重大!身長が伸びるメカニズム

先端巨大症(巨人症)

「先端巨大症」とは、成長ホルモンが過剰に分泌されることで、身体が異常な成長をしてしまう病気で、別名は「末端肥大症」「アクロメガリー」「巨人症」と言われます。

先端巨大症の原因は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌線細胞が、機能を溜まったまま腫瘍化することで、成長ホルモンが過剰に生産されてしまうことが原因で起きます。

100万人あたりに40〜60人程度の頻度でみられ、症状としては「下アゴがせり出す」「手足の異常な発達」「骨がもろくなる」などがあります。

身体の過剰な成長のため、膝や背骨を痛めやすく、重度だと両手で杖をつかないと歩けなかったり、内臓は大きくならないため、内臓の働きに問題が起きている患者も多い。

そのため、治療せずに放置すると死亡する確率が2倍以上となり、寿命も10前後短くなると言われています。

先端巨大症だと思われている有名人では、篠原信一ジャイアント馬場チェ・ホンマンなどがいます。

成長ホルモンの効果について知ろう!

成長ホルモンについて、大まかなことを紹介しました。

次は、成長ホルモンの具体的な効果について紹介していきます。

身長を伸ばす・若返りだけじゃない!成長ホルモンの様々な働き

スポンサーリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ